福岡市博物館 ポンペイ展に行ってきた

福岡市博物館でやっていたポンペイ展。気がつくと今週末までだったので行ってきた。

ウリとしては、歴史としてのポンペイ展ではなく、美術の観点からみたポンペイ展ってことらしい。内容的には、建築と風景、日常の生活、神話、神々と信仰の4つのセクションに分けて、壁画だったりが展示されている。逆に壁画がメインで発掘された遺物的なものの展示はほとんどなし、壁画を描くための道具なんかは展示されていた。

壁画はきれいな化粧箱というか額縁?に入っている小奇麗なものから見上げるようなものまで、ローマの皇帝を称えるための施設に飾られていたほかと比べても段違いのクオリティのものから、選挙PR文が書かれたものまで多種多様。っていうか、選挙PRが書かれていたやつ、訳文と書かれている文字数が全く一致していない気がしたんだけど、あれは何だったんだろう。

また、神様界隈ではワインを作っていたところが多かったのかデュオニソスが超人気。出てきた神様のうち、半分くらいはデュオニソスじゃなかろうか。あとはウェヌス

というか、デュオニソス絡みでお妃のアリアドネも出てくるんだけど、あれ?と。俺の知ってる感じだと、クレタ島の迷宮でやんちゃしていたミノタウロスの妹で、テセウスと恋に落ちて色々あってミノタウロスをやっつけてめでたしめでたし。なイメージだったんだけど、今回採用されている説では、どうもめでたしめでたしの後、アリアドネテセウスにどっかの島に置いてけぼりされたらしく、嘆き悲しんでたところをデュオニソスが見初めて結婚するとかいう話になってたっぽい。なるほど、ひどい話ですね。

一応、帰ってからWikipedia先生を参照すると、そういうパターンがあるっぽい。もう片方の説では、むしろデュオニソスがアリアドネを掻っ攫った感じなんだけど、Wikipediaのデュオニソスとテセウスの記事を鵜呑みにすると、やんちゃをしそうなのはテセウス先生の方じゃないかという気もする。っていうか、デュオニソス先生は意外と苦労人っぽい。

クレータよりの脱出後

クレータより脱出後、プセウド・アポロドーロスは、二人は子供もつれてナクソス島へと至ったと記すが、これ以降のアリアドネーの運命については諸説がある。プセウド・アポロドーロスは、ナクソス島でディオニューソスが彼女に恋し、奪ってレームノス島へと連れて行きそこでアリアドネーと交わり子をなしたとする。この交わりによって、トアース、スタピュオス、オイノピオーン、ペパレートスが生まれたとされる(オイノピオーン、エウアンテース、スタピュロスの三人ともいわれる)。
しかし別の説では、アリアドネーはナクソス島に至りひどい悪阻であったため、彼女が眠っているあいだにテーセウスに置き去りにされたともされる。或いはこの後、ディオニューソスが彼女を妃としたともされる。

また、ホメーロスの『オデュッセイア』においては(巻11、324-5)、一行がディアー島に至ったとき、ディオニューソスの了承のもと、アリアドネーはアルテミスに射られて死んだとされる。呉茂一はこちらが本来の神話であったろうとしている。

アリアドネー - Wikipedia

と、壁画そのものよりも、その周辺情報に興味を惹かれた特別展示でした。

壁画自体で言えば、壁画は作られた時期によって4期に分けられるようなんだけど、そのうちの2期辺りで遠近法を使って壁の向こうにあたかも風景が続いているような、だまし絵的な壁画が多いらしい。見てるとほんとに壁の向こうに景色があるような物が多くて、やっぱり石造りの建物の中だと息が詰まるんかなぁとかどうでもいいようなことを思ったりもした。画像はないけど「赤い建築を描いた壁面装飾」っていう三面になっている壁画とか、真ん中に立ってみるとほんとにちゃんと書かれてて、すげーなとおもう。(ポンペイの壁画の様式 - Wikipedia)

そういえば展示内では写真撮影可でみんな写真撮ってたな。あんまり写真を撮る習慣がないのであれだけど、やっぱりフォトジェニック感は大切なのかもしれない。見よ、この日記の真っ白なこと。

日本ユネスコ協会連盟(クレジットカード)

募金ルールに従って今月15日分の募金をやっておく。毎月15日、一口1,000円なり。

募金対象は、日本ユネスコ協会連盟

募金をすると分野が選べるので、今回は世界遺産活動に。他には、世界寺子屋運動、世界遺産活動、一杯のスプーン、子ども募金(青少年育成活動)、東日本大震災 子ども支援募金(ユネスコ協会就学支援 奨学金)、未来遺産運動、70周年記念募金なんかが選べるっぽい。

世界遺産は、基本的にその遺産がある国によって保護・保全されることが原則です。しかし、途上国などでは、世界遺産を将来にわたって守り、次の世代へと引き継いでいくための技術や資金、人材が不足している国もあります。日本ユネスコ協会連盟では、そのような国々に対して草の根レベルでの支援を行っています。

修復だけではない、その遺産の大切さを子どもたちに伝える

世界遺産は、その遺産をもつ国によって保護されることが原則となっています。しかし、自分の国だけでは技術面や資金面などの問題で、保護・修復を行うことが難しい国々もあります。資金の提供や修復技術を教えることと同時に、その遺産が教えてくれる歴史や文化の大切さを教育やコミュニティを通じて次の世代である子どもたちに伝えていくことも重要です。

> 日本ユネスコ協会連盟 世界遺産活動

巨大なpng画像をjpegに変換しようとするとエラーになる

でかいpng画像をjpegに変換しようとするとエラーになる話。

変換しようとした画像は、101000 x 2400の画像。 $ identify sample.png

sample.png PNG 101000x2400 101000x2400+0+0 8-bit DirectClass 495MB 0.000u 0:00.000

convertコマンドを使って変換しようとすると、以下のようなエラーが出る。 $ convert sample.png sample.jpg

convert: Maximum supported image dimension is 65500 pixels sample.jpg @ error/jpeg.c/JPEGErrorHandler/297.

PHPのgd-jpegで変換しようとしても同じ。 $ php ./conv.php

PHP Warning: imagejpeg(): gd-jpeg: JPEG library reports unrecoverable error: in /home/ayskw/conv.php on line 7 Maximum supported image dimension is 65500 pixels

調べてみると、libjpeg-turboというライブラリの中で最大値が定義されているらしい。 Why does ImageMagick’s montage limit the JPG output to 65500 instead of 65535?

他の環境でも同じような制限がある。

Windows 上では JPEG ライブラリが 65500 pixels を超えるものは扱えないということか。考えてみたら jpg 使わずに gif とか png 使えばいいのねと試してみると、gif や png ならちゃんと描画できた

Python から Graphviz を使う - networkx & PyGraphviz、pydot など

これがJpegの仕様なのかどうかは不明だが、色々制限があるのでこのままだとダメっぽい。 ので、後処理をjpeg前提からpngでも実施できるように変更して問題を回避した。

近く朝鮮半島で第3次世界大戦起きる可能性がある 根拠:ハッカー集団・アノニマス

 アノニマスはインターネットに公開した動画で「今後発生することに備えよ」として「韓半島に戦争が潜んでいることを示すあらゆるシグナルが表れている」と主張した。英紙インディペンデントなどが報じた。

 アノニマスは「この戦争は全世界的な結果を招くだろう」として「環境的な面と経済的なレベルの双方で、世界的に非常に破壊的な出来事が起きる可能性がある」と主張した。

Chosun Online | 朝鮮日報 Chosun Online | 朝鮮日報

「天下の名城」熊本城が地震で損壊。修復再建に支援を!!(Yahoo!基金)

募金ルールに従って今月15日分の募金をやっておく。毎月15日、一口1,000円なり。 と思ったけど、気がつくと4月分をすっかり忘れていた。なので2回分まとめて2,000円なり。

募金対象は、2回目となる熊本城。そろそろ天守閣の復興作業が始まったらしい?

「名城」の重要文化財が相次ぎ崩壊

熊本城は、平成28年熊本地震により、甚大な被害を受けました。

1607年、加藤清正が当時の最先端の技術と労力で築城した名城で、国の重要文化財に多くの建造物が指定されていました。
しかし、今回の地震で、残念ながら「北十八間櫓」「東十八間櫓」「不開門」などの貴重な重要文化財が、崩壊してしまいました。

(中略)

震災発生直後から、国内外から熊本城の修復再建に向けた励ましや支援のお申し出が多数寄せられております。

そこで、熊本市では、皆様からのご支援を募るための口座を開設しました。皆様からの温かいご支援をお願いいたします。

「天下の名城」熊本城が地震で損壊。修復再建に支援を!!

2017年5月13日 九州北部 M7の大地震 根拠:立命館大学歴史都市防災研究センター所長の高橋学教授

気象庁 地震予知について

地震の予知はできますか?   地震を予知するということは、地震の起こる時、場所、大きさの三つの要素を精度よく限定して予測することです。

例えば「(時)一年以内に、(場所)日本の内陸部で、(大きさ)マグニチュード5の地震が起こる」というようなあいまいな予測や、毎日起きているマグニチュード4程度以下の小さな地震を予測するような場合はたいてい当たりますが、それは情報としての価値はあまりないと考えます。

少なくとも「(時)一週間以内に、(場所)東京直下で、(大きさ)マグニチュード6~7の地震が発生する」というように限定されている必要があります。時を限定するためには、地震の予測される地域で科学的な観測が十分に行われ、常時監視体制が整っていることが欠かせません。

そのような体制が整っていて予知のできる可能性があるのは、現在のところ(場所)駿河湾付近からその沖合いを震源とする、(大きさ)マグニチュード8クラスのいわゆる「東海地震」だけです。それ以外の地震については直前に予知できるほど現在の科学技術が進んでいません。

気象庁 Japan Meteorological Agency

続きを読む

Chrome でメモリが足りませんとエラーになる件に対応する

使っているPCのスペックが低いせいか、Chromeを使っていると頻繁に「メモリが不足しています」的なエラーが出て全タブが死んでしまうことが多発する。一度なってしまうと、全部のタブが死んでしまう上に、タブを閉じても再発しやすくどうしようもない。

こりゃぁ、PCをどうにかしないとだめかなぁっと思っていたんだけど、ググった結果、以下のような設定をすることで、だいぶ症状が軽減された。今までは一日に一回くらいは起こっていたのが、週に一回くらいになったので、まぁしばらくは延命できるだろう。

追加したのは、Chrome起動用のショートカットに以下のオプションを追加するだけ。パラメータの1の部分は環境に合わせて調整すればいいらしいけど、1でもとくに問題ないのでこのままでやっている。

--renderer-process-limit=1 

ググって見つけたサイトは以下。詳しい設定は以下にあるので参考に。