読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

システム手帳でやってはいけないつ5つのこと

文房具 システム手帳

システム手帳を使うときにやってはいけないことをまとめてみる。

手帳なんか好きに使えばいいんだけど、システム手帳の場合、そのメリット活かすためにやってはいけない使い方がいくつかある。

その活かすべきシステム手帳のメリットは「ベージが差し替えられること」。なんだけど、普通の綴じ手帳と同じ感覚で使っているとこのメリットが全く活かせない。なので考え方の転換が必要。

続きを読む

GoogleMapの地図上にPolygonで矢印を引く

html Javascript 地図

GoogleMapの地図上にPolygonで矢印を書いてみる。

似たようなのにSymbolみたいなのもあるけど、これだと少し細いのでPolygonで愚直に引いてみる。

と言っても、↑矢印をプログラムで描く;単純ベクトル加算法に紹介されている方法をGoogle Mapに置き換えただけ。なんかもう少しマシな方法がありそうだけど、とりあえず。

続きを読む

WebAlizerのDNSの逆引きを止める

apache アクセス解析

WebAlizerを使っていて妙に処理が重いという話で見ていると、アクセス元を調べるためにDNSの逆引きを行っていた。もちろん必要な処理なら仕方ないのだけど、特段必要じゃなかったのでDNS逆引きを止めた話。

と言っても対応自体は簡単で、webalizer.conf のDNSChildrenを0にするだけ。デフォルトだと0らしいのだけど、必要に応じて見直してみる。

続きを読む

Visitorsを使ってApacheのログを分析する

cmd apache アクセス解析

Apacheのログをレポート化するのにVisitorsを使う。

売りとしてはこんな感じ。現時点で最新バージョンは0.7、最終更新日は2006年3月30日と全くメンテナンスされていないのだけどざっと使う分には特に不都合はない

続きを読む

システム手帳界に全く還元できていない僕のシステム手帳環境

ガジェット 文房具

仕事ではほぼ毎日システム手帳を使っていているんだけど、まったくシステム手帳業界に還元できていない自覚があるので、その話を書いていく。

システム手帳というと、一般的には数万円するような高級なバインダーを買って、様々なリフィルを使い分ける少しばかり敷居が高いもののようなイメージがありそうなのだけど、そうは問屋が卸さない。

続きを読む

Apacheのcombined形式のアクセスログから必要なフィールドを抽出するためのPerlのワンライナー

apache cmd perl

Apacheのログをざっと見ていきたいときや、後で適当に使いまわせるような形式に変換したいとき用のPerlワンライナー

続きを読む

処理流暢性について思うこと

「処理流暢性」ってなに?→「わかりやすい=真実」にみえてしまう心理です。という話を読んで。

要するに人間はわかりやすいものを信じてしまうって話なんだけど、結構根深い話なんじゃないかと思うんだよね。例えば昔は字をきれいに書くことが教養の一部だったりして、子供の頃に「ちゃんと字をきれいに書きなさい」なんて言われて「別に読めればいいだろ」みたいに思ってたけど、そうじゃなかった。

あれは特に意識がなかったにせよ、きれいな字を書いたほうが人にわかったと思ってもらいやすいって話につながっていくんだ。特に昔のようにみんな手書き、筆記用具もしょぼいような世界なら、まさにきれいな字を書くことが自身の評価に直結するんだろうなぁ。

また、世の中のカルトや陰謀論、リンク先に出てくるようなプロパガンダ的な話だと世界を単純な善悪の二元論に落とし込んでるのをよくみるけど、あれも話を簡単にして人に信じてもらいやすいようにしていたんだ。

あと、よく聞く「本当に頭のいい人なら人にわかりやすく話ができるはず」という話も、実際は因果が逆で「わかりやすい話をしている人は真実を語っている(と思う)」ということなわけで。なんというかいろんな物事が腑に落ちてしまうような気がしてくる。

そこら辺を考えていると、孔子の「巧言令色鮮し仁」って言葉もなるほどと辺に納得感が出てきてしまう。ほんとにそこまで考えていたのかはよくわからないけど。

最近流行りのUI/UXみたいなデザインの話だって結局のところここに辿りつきそう。Keep It Simple, Stupidって話だってやっぱりここに辿りつく。世界は簡単な法則の組み合わせでできているという話ももしかするとここにつながっているのかもしれない。

そうやって考えていくと、色々な「良いもの」がこの話にひっついていきそうで、すごく違和感というか、本当に大丈夫なんだろうかという不安な気持ちになってくる。

もしかすると、いままで「良いもの」だと思っていたものが、単なる認知バイアスの問題だったんじゃないか、単にわかりやすいから良いと思ってたんじゃないか、本当はもっと他に良いものがあったんじゃないか、なにか取りこぼしてきているんじゃないか、そういうよくわからない話になっていきそう。

でも、この話は本当なんだろうか。あまりに簡単に色んなものが説明できて、わかりやすい話なんだけどさ。