読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンディングノートを書いた

こういう話はネガティブな関して受け取られそうなんだけど、まずは記録に残しておくことに。 前段、その背景 しばらく前に家族が亡くなった。ある程度落ち着いたときに思ったのは、これは面倒なことになったぞということ。 なにせ本人のことを一番知っている…

密室トリック。事務机の鍵をその鍵の掛かった引き出しに閉じ込めてしまった

まぁ、言ってる意味がよくわからない話で。要するに、事務机の鍵を、その事務机の鍵の掛かった引き出しの中に閉まってしまった。よくある密室トリック。 今回はその反省も込めて、密室トリックの謎を暴いていきたい。

システム手帳でやってはいけないつ5つのこと

システム手帳を使うときにやってはいけないことをまとめてみる。 手帳なんか好きに使えばいいんだけど、システム手帳の場合、そのメリット活かすためにやってはいけない使い方がいくつかある。 その活かすべきシステム手帳のメリットは「ベージが差し替えら…

システム手帳界に全く還元できていない僕のシステム手帳環境

仕事ではほぼ毎日システム手帳を使っていているんだけど、まったくシステム手帳業界に還元できていない自覚があるので、その話を書いていく。 システム手帳というと、一般的には数万円するような高級なバインダーを買って、様々なリフィルを使い分ける少しば…

仕事で使うノートと考え方を整理する

仕事ではノートだったり手帳だったりスケジュールだったりを色々と管理する必要があります。個人的にはA4のルーズリーフとiPad、PC上のChangeLogを使って管理しています。今回はそれを一旦見なおしてアナログの文房具でカバーするとしたらどうなるか?という…

A7メモ帳のカバーについて

昔書きかけていた文章がサルベージされたので、適当に載せておく。ここでごちゃごちゃ行ってるんだけど、結局A7のメモ帳カバーはあきらめミニ6のシステム手帳に落ち着いたのはご愛嬌。 今これを買いているこのメモ帳、日頃持ち歩くことを考えればかなり一杯…

折り返せるA4ルーズリーフのバインダーが欲しかった2。追記あり

この話は折り返せるA4ルーズリーフのバインダーが欲しかったの続きです 前回、暫定的にHSのマルチポケットバインダーがよろしいんじゃないかとの結論に落ち着いた折り返せるA4ルーズリーフのバインダーだが、しばらく使ってみて、色々と紆余曲折した挙げつ別…

折り返せるA4ルーズリーフのバインダーが欲しかった

自分の作業環境を振り返ると、A4のルーズリーフの使い勝手が良かった。 なにしろ周りから渡される資料はA4かA3なわけで、ノートと重ねて持ち運ぶときに大きさが違ってごちゃごちゃするのはよろしくない。 かといってA4のノートを広げるとA3になるという当た…

システム手帳のリフィル

EDC バイブルレフィル[RULED]罫線メモ ホワイト(SBBRF-D-01)。 いくつか使ってみて、なんとなくこれがいいんじゃなかろうかと思った。 しばらく使ってみる。 ・バイブル6穴手帳用リフィル ・6mm罫線。100枚入り。 ・少し紙が薄いような気がするけど、コスパ…

カバー付きクリップボード

セキセイ クリップファイル 発泡美人(FB-2016-BK) お手頃な値段のものを購入してみる。 これで調子良ければもう少しちゃんとしたものを選んでもいいかも http://www.sedia.co.jp/syouhin_system/?h=FB-2016.html

Coleto ルミオの軸にスタイルフィットの芯を流用する

コレト ルミオの軸は気に入っているのだけど、インクが滲むのと減りが早いのがネックだった。 ので、油性インクを使えるようにしてみる。 使ったのは以下 ・uni SXR-89 STYLE-FIT用リフィル、ジェットストリーム油性インク (SXR-89-05) ・油性ボールペン リ…

システム手帳の使い方

Androidのスマートフォン、iPadを持っている。それで不自由はしていないけれど、システム手帳を持ち歩いてみると意外と良いものだなぁなどと思ってしまった。そんなわけで、その使い方について考えてみたい どのようなリフィルを使うか リフィルとはつまり様…

多色ペン。PilotのHI-TEC-C coleto

少し前から使っている替芯(リフィル)型多色ペン。PilotのHI-TEC-C coleto。 今まで使っていたペン軸(P-LHKC25C-TB)を、ちょっと若干良さ気なルミオ(LHKCL-1SC-B)に変更。 PILOT | ハイテックCコレト ルミオ/ミー その際、5色から4色に減ってしまい若干残念…

システム手帳をGTDっぽく使うための使い方(机上の空論編)

以下の話は、実際にやってみた結果ではなく頭の中で考えただけの机上の空論です。上手くいくかどうかは分かりませんし、抜けや足りないところはたくさんあると思いますが、その辺は後々考えます。 GTDについて 今までGTDもどきとしてPC上でTodoやらなんやら…