単純な協調フィルタリングとメタ的な視点

例)ある商品を購入した人は、別のこの商品を買っています
類似品を求めているわけではない
対象がスケールすると結局全部勧められる

要は、商品間のメタ的な主題があって、微妙に関連する別の主題を進められるのが嬉しいんだろうけど荒すぎると嬉しくない。
主題の階層を作るか?同じものを違う観点から見たタグ?

上の例に戻れば、協調フィルタリングにもいくつかの軸がある。例えば、関連するものがほしい場合と、類似したものがほしい場合。だったら使う側にどちらがほしいかを選ばせればいいんじゃなかろうか。
勝手に判断せずに