画像・文章・音声・動画の次元について

別にちゃんとした意味での次元ではない

メディアと次元

画像

一次元。一目で把握できる。目が必要

文章

二次元。行と列。把握するのに多少時間がかかる。訓練によるランダムアクセス(拾い読み)可能。目が必要

音声

二次元。耳と時間。全体を把握するのに、実時間が必要。たたし、目は別の用途への並行利用可能。耳が必要

動画

三次元。目と耳と時間。全体を把握するのに、実時間が必要。しかも、目は別の用途への並行利用不可。目と耳が必要

ここまでのまとめ

音声と動画は利用にかかるコストがでかすぎる。手軽な使用には向いていない。このコストを下げるためには何が必要か

現状では、倍速や概要紹介で導入コストの軽減を図っているらしい