デジタルデバイド時代のWebユーザインタフェース

頑張った一般人が扱えるUIの限界は銀行のATM
-一度(一画面)に複数のことをさせようとしてはいけない
-一度(一画面)に複数のことを入力させようとしてはいけない
-ブラウザの機能と、UIで設置している機能を区別させたり、同一の名称を使ってはいけない
-画面をスクロールさせてはいけない
-長い説明文やエラー表示は読まれない
-文字は頭が悪いくらい大きく短く
-一画面でひとつのことを完結させる
-スクリーンショットを使った説明もウィンドウを自由に切り替えることができないから無意味
-印刷されることを前提に。ただしブラウザの印刷機能は使えない
-デザイン性よりも見やすさ
-使われる環境に期待するな

ここまで書いて気付いた。この注意事項ってプレゼンの時の注意事項とほとんど同じだ。。。