CMを対象とした録画機能

CMの位置付け

テレビなんかを見ているとCMがよく流れてきます。流れてくるといっても、本質的にはCMが主でテレビ番組のほうが従ですから、本末転倒もいいところです。流れ聞く話では、HDDレコーダの類が普及してきたせいでCMが飛ばされることが多くなって、放送業界が大変だなんて話も聞こえてきます。

しかし、考えてみると視聴者的には主のテレビ番組よりも、CMの方が金がかかっているわけで色々と面白いものが多くあります。

CMの問題点

テレビにおけるCMの問題点として、視聴者にリーチするとは限らないということがあります。例えば、経済ニュースを見ている視聴者に、アニメのCMをやっても届きづらいわけです。これに対して、テレビ番組中に特定の商品をアピールさせて、同じ商品のCMを挟むなんて涙ぐましい努力が行われるわけです。他にも今後、地上波デジタルなんてものに切り替われば、もっと視聴者にリーチするCMが流せるようになるかも知れません。

でも、CMの一番の問題は「見たい情報が見たいときに見ることが出来ない」って事だと思うんですよ。確かに経済ニュースを見ているときに日経新聞のCMが入れば効果があるかもしれません。それを否定する気は無いんですが、購読する新聞を決めかねている人にはリーチしません。他にも、引越ししたい人にとって、欲しい情報は引越し業者のCMだと思うんですよ。たとえ経済ニュースを見ていてもです。

他にも、好きなタレントや好きな銘柄のCMはチェックしたいと考える人もいるかもしれません。そういえば、最近は続きもののCMがよくあるんですが、あれって一つのシリーズ全部見た人っているんですかね。もちろんCMによっては「"続きはWebで"」なんてのがありますが、ごく一部です。

CMを検索・録画する

そこで、HDDレコーダなんかを使ってCMを検索・録画するシステムは如何でしょうかってお話。例えば、こんな項目で録画できれば良いんでないですかね。
-出演
-ジャンル
-銘柄
-メーカー
-キーワード

もちろん、こんなことをするためにはCMにある種のメタデータを付与する必要があるんでしょうけど、そんなのはCM制作費を鑑みれば消費税以下です。それで見られる機会が増えるのなら喜んでするでしょう。

CM録画の問題

まぁ、作ったとしての話として問題は「CMを見たいと思ったときにすぐに見れない」ことですかね。要はCMなんてのは世間様的にはいつ流れるか分からないですから、ある種のCMをまとめてみようと思ったその時に流れている保証は無いわけです。っと言うことは、CMをストックするための一種のファイルサーバ見たいなのが必要になるわけですかね。そうすると、HDDレコーダというよりただの受信機、検索インタフェースになるわけですね。

あれ?これって地上波デジタル?そこはそれ、車輪の再発明ということで