Ruby x アジャイル x EC2(?) フクオカ Ruby Days(一日目)

日時
: 2009年7月22日(水)

会場
: ホテル日航福岡 3F 都久志の間

スピーカー
: TIS(株)SonicGarden カンパニー長 倉貫 氏

概観

全体的な内容はRubyとあまり絡まず、SaaSとして立ち上げたオープンソースSNSのSkipの開発エピソードや、組織内での立ち回りを含めたモチベーションの創造などがメインに。

オープンソースSNS Skipについて

システムインテグレータのTISが社内ベンチャーとして立ち上げたオープンソースSNS。開発の当初は隠れプロジェクトの一つだったが、最終的にはオープンソースとしての公開、SaaSとしての商品化にこぎつける。

類似のものとしては、Beatbox、OpenPNEなど。

Ruby + オープンソース + SaaS + SNS

Skipのシステム構成

SaaSとして提供しているサーバは、AmazonのEC2を使って構築。初期投資やコストをかけられない社内ベンチャーには適している。

アジャイルRubyは親和する

Ruby on Railsを使うと、生産性が上がる?

従来のウォーターフォールモデルとRubyを組み合わせてみると、特に生産性が上がるわけではない。

Ruby on Railsのメリットは「保守性>>>>生産性」

SaaSの特徴は「保守性>>>>生産性」。サービスを開発するより、維持増強していくことが重要になるため、Ruby on Railsと相性がよい。

アジャイル開発の特徴を踏まえると、Ruby on RailsSaaSと相性がよい
-人にフォーカスする
-少人数
-モチベーション

モチベーションの維持

-組織内の調整はRPGと思え
--手近なところで経験値をため、ボスに挑む
-社外のコミュニティへの参加は重要
--ロールモデルに出会える
--モチベーションを高められる

自分の認識を変える。自分から変える

現状に不満があった時、変わるのを待っていてもしょうがない

Social change starts with you.