フクオカ Ruby Days(一日目)に参加してきました

日時:2009年7月22日(水) 開演/13
: 40

会場
: ホテル日航福岡 3F 都久志の間

概要
: http://rubybizcommons.blogspot.com/2009/07/ruby-days-rbc-rubyf-ruby-day1tis.html

このイベントは、RBCの2周年記念イベントと福岡Rubyビジネス拠点推進会議(F-Ruby)の総会とのコラボレーションイベントだったらしい。当日は、13:00からやっていたF-Rubyの総会には出席せずに、フクオカ Ruby Days関連のイベントのみに参加。

イベント全体は2日間の構成で、これはその一日目。

一日目に参加したセッションの個別のまとめは以下
-[2009-07-25-6]
-[2009-07-25-5]
-[2009-07-25-4]
-[2009-07-25-3]
-[2009-07-25-2]
-[2009-07-25-1]

全体的なまとめとしてはこんな感じ
-世の中は変わっていくよ。状況は悪くなるかも
-変わっていく世の中を悲観せず、前向きにやっていこう
-Rubyはその為の道具の一つかもしれないよ

印象に残ったのは、ソフトウェア業界の人間性の軽視(3K)など業界自体の問題に触れている話が多かったように感じたこと。そしてそれに悲観せずに変えていかなければいけないと言う主張がされているように感じました。Rubyという限定的な話題の中で全体を俯瞰するとやっぱりそういう話が根深いんだなぁっと複雑な気分。

多分、日頃そういったことを気にしているせいで印象に残ったんだとは思います。