FirefoxとWgetを使ってWeb上のページからHTMLやCSSを含めてダウンロードする

CSSで@importなどを使用していた場合、単純にダウンロードしてもローカルでページを表示するのに必要なファイルがすべて落ちてこないことがある。そのような場合に、必要なファイルを一括でダウンロードする方法。事前にFirefoxWgetをインストールしておくこと。

  • FirefoxLive HTTP Headersをインストールする
  • Firefoxのキャッシュをクリアする
  • Firefoxの「表示」→「サイドメニュー」→「Live HTTP Headers」で、Live HTTP Headersを表示する
  • 目的のページにアクセスする
  • サイドメニューに、ページを表示するために発行したHTTPのGETとヘッダが表示されるので「すべてを保存」でテキストファイルに書き出す
  • 書きだしたテキストファイルから各ファイルのURLを抽出して、再度ファイル(例:filh.list)に書き出す
  • wgetを使って以下のコマンドを発行する
    ++ % wget -p -i filh.list
  • ディレクトリ構成などを含めて一通りダウンロード出来る

この方法では、htmlファイル中に記述されているパスは変換されないので、絶対パスで書かれている場合単純にローカルで開いた場合正常に動作しない場合がある。その際は適当なサーバ上に展開するか、パスを相対パスに変換することで対応可能と思われる。