コントローラー内でXMLを整形して表示する

Xml::Serializerがヘルパーなので、App::importで呼び出した後に使用する

|php|
// コントローラーの中だと思いねぇ
function hoge() {
$data = $this->Sample->find("all");
$this->_toXml($data, "samples");
}

function _toXml($data, $root_element="root") {
App::import('Helper', "xml") ;

$xml = new XmlHelper();
$options = array();

$options['root'] = $root_element; // ルート要素
$options["format"] = "tags"; // 値を属性にするか、タグにするか。今回はタグ
$options["cdata"] = false; // 値をCDATAで囲むかどうか。今回は囲まない
$options["slug"] = true; // 要素名を大文字にするかどうか。今回は小文字に統一

Configure::write('debug', 0);
header("Content-Type: application/xml");
echo $xml->header() . "\r\n";
echo $xml->serialize($data, $options);

exit;
}
||<