BootCampでWindows環境を準備する

必要なもの

・ディスクの空き容量
MacOSのインストールディスク
Windowsのインストールディスク

インストール

Mac側で設定

BootCampアシスタンスにてパーティションの設定  
WindowsのインストールディスクをMacに挿入し、インストールの開始を選択

この後自動的に再起動し、Windowsのインストールが開始される

Windowsのインストール

通常通りのインストールで良い

※ この時点までは、ドライバが入っていない

Windowsの設定

Mac OSのインストールディスクをWindowsに挿入すると、BootCamp用のドライバのインストールが始まる

日本語入力の設定

一度GoogleIMEをインストールし、以下のとおり実行

>http://mag.torumadh.nu/?p=646>  
Google日本語入力のプロパティを開きます。

1. [一般] – [キー設定] から [キー設定の選択] を [カスタム] にして [編集] に入ります。  
2. 左下の [編集] – [定義済みのキーマップからインポート] – [MS-IME] を選択します。  
  警告が出ますが上書きでOKです。

3. 元の画面に戻るとMS-IMEでの各種キー設定が読み込まれています。  
  一番下にスクロールして [編集] – [新しいエントリー] を選択、以下の3つを追加します。  
  モード:直接入力  入力キー:Ctrl Space  コマンド:IMEを有効化  
  モード:直接入力  入力キー:Ctrl Space  コマンド:IMEを無効化  
  モード:入力文字なし  入力キー:Ctrl Space  コマンド:IMEを無効化  
<<

キーボードレイアウトの変更

[KeySwap](http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se228667.html)を使って変更

・CapsLock→Windowsキー
・Ctrlはそのまま

※ 設定変更後はログアウトすること