Google Mapsの上に色々プロットする

Google Mapでは、オーバーレイという仕組みでマップ上に何らかのオブジェクトをプロットする
・基本的なもの
 ・マーカー
 ・アイコン
 ・ポリライン(線)
 ・ポリゴン(多角形)
 ・グラウンド オーバーレイ(画像)
 ・情報ウィンドウ(噴出し)
・レイヤ
 ・KML レイヤ
 ・GeoRSS レイヤ
 ・交通レイヤ
 ・自転車レイヤ
・カスタム オーバーレイ
 ・スタイル付き地図
 ・カスタム マップ タイプ

Google Maps JavaScript API V3 オーバーレイを参照

KML レイヤ

Google EarthGoogleのマイマップなどで作成できるkmlファイルを地図にプロットする
KML チュートリアル - KML - Google Code
KML レイヤと GeoRSS レイヤ

スタイル付き地図

Google Map上のオブジェクト(既にプロットされている地名ラベルやアイコンなど)のスタイルを変更する
スタイル付き地図
表示例)Google Maps JavaScript API v3 Example: Styled MapTypes
MapTypeStyleFeatureType オブジェクトの仕様
スタイル付き地図ウィザード

カスタム マップ タイプ

Google Map上に画像を貼り込んだり、地図全体を別の画像に置き換える。自力でやるとかなり面倒くさい。
カスタム マップ タイプ

グラウンド オーバーレイ

単純に地図中に画像を貼り込むだけならば、以下のように貼り込める  

グラウンド オーバーレイ

GMap Image Cutter

地図全体を別の画像に置き換えたいなら、GMIC(GMap Image Cutter)を使うと簡単に作成できる。

このアプリでは、画像ファイルの分割とそれを表示するためのhtmlを出力する。ただし、Google Maps API v2なので注意。

  • 上記URLにアクセスしてダウンロードを選択するとライセンスの確認とユーザ登録?があり、その後ダウンロード可能。
  • 展開したディレクトリから「GMapImageCutter.bat」を起動すると「javawが見つかりません」的なエラーが発生した場合はページからJavaの実行環境をダウンロードして再度インストール
  • GMapImageCutter.batから起動後、「file」→「open file」でファイルを指定。右下の「create」→「start」で変換開始