SSLのページでSSLで保護されていない項目云々の原因を探す

SSLが必要なページを見ていると、たまに「SSLで保護されていない」云々というアラートが出ることがあります。
普段は放っておくか、そんなページは無視すればいいのですが、どのファイルが問題なのかを確認したくなりますので、探します

  • 必要なのはFirefoxFirebugなので、準備します
  • 問題のアラートが出るページをFirefoxで開き、Firebugの「ネット」→「すべて」を選択
  • ここに、ページを表示するための画像やCSS、JSなどの外部ファイルが一覧されています
  • 「URL」欄の「GET ~」をマウスオーバーするとリクエストしているURLがポップアップされます
  • URLが「https」から始まっていないものがあれば、そいつが原因です
  • ケースバイケースで対応します