読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基調講演 - Android Make Days in 明星和楽

ITのコンシューマ化とそのインパク

日時
: 2011年11月12日(土)

会場
: 福岡県Rubyコンテンツ産業振興センター

講師
: 丸山 氏(日本Androidの会 会長)

動画
: http://www.ustream.tv/recorded/18464411

動画
: http://www.ustream.tv/recorded/18465146

まとめ
: [2011-11-15-10]

市場の急速な拡大

Androidのシェアは急速に拡大している。2012年にはシェアが50%を超えるという予測
スマートフォン市場はAndroidを筆頭にiPhoneWindows Phoneの3強の時代に突入
・日本では市場に1600〜2000万台のAndroidバイスが出回っており、実はアメリカより普及している。

ムーアの法則ギルダーの法則

・ハードウェア(CPU、ネットワーク)の進化は、ソフトウェアやビジネスの変化と比べると格段に早い
・それにより、急速に低価格化(コモディティ化)、利用者の拡大(コンシューマ化)が進行する

ムーアの法則の限界は、ハードウェアのブレイクスルーで回避される

クラウドクラウドバイスの登場

・インターネットの普及からクラウドへ。そして、そのクラウドにアクセスするデバイスの登場(iPhoneiCloudAndroidGoogleなど)
・両者ともプレイヤーは同じ(AmazonMicrosoftAppleGoogle)。

ネットワークとメディアの統合

・コミュニケーションのソーシャル化
・それによる新しいネットワーク社会

・マルチメディア→ユニメディア
・マスメディア→パーソナルメディア

個人と企業

・最近は企業よりも個人のコンピューティング環境が進んでいる
・企業は、社員がどのようにテクノロジーに興味をもつかということと向き合う必要がある

コンシューマ化を可能とするもの

・標準化とオープン化
・開発環境の個人所有とコミュニティ

APIオープンソースなどを使って様々なサービス、環境が組み合わされる
 ・その結果、オープンな選択と開発者の自由
 ・面白いものが作りやすい環境
 ・ユーザに受け入れられる

「個人がつくったものを個人が使う時代」
※ この言葉自体は別の講演での話だけど、ここの話はまさにこういうことだと思う

GoogleFacebookの次を目指す

GoogleはPage RankとAdwardsを使ったが、それらは機械的な仕組みだった
FacebookAmazonは購入履歴やソーシャルグラフを使って、実際の消費者の行動をベースにした仕組みにシフト

最近話題になっているNFCGPSによって行動をベースにしたサービスは大きく進化する
そして、その両方を兼ね備えたAndroidは次の舞台となりうる。

そのために考えなくてはいけないこと。次の焦点
・プライバシーの保護
・ビジネスモデル
・プラットフォーム
・Big Data
データマイニングの手法