ソーシャルを活用した地域活性化とブランディング

基本情報

項目 内容
*日程 5月11日 (金)
*登壇者 杉山 隆志 氏(株式会社SIIIS)
*会場 福岡県Rubyコンテンツ産業振興センター
*まとめ [2012-05-13-6]

地域ブランディングの例

紹介事例は「大名なう」、「AIPカフェ」から武雄市SNSを使ったブランディング

「地域からしか日本は変わらない」
⇒ 地域の情報が大切になっている

武雄市の地域ブランディング

武雄市のサイトは5万view/月から大幅に増加
seh. 武雄市Facebookページ分析から見られる、自治体がソーシャルメディアで実現できること

ブランディングに対する心構え

・振り返らない、後悔しない、立ち止まらない
・パクる、乗っかる
・組み合わせて、初めてを作る

地域の自治体は「なんでもできるというベンチャー」という発想の転換

今は挑戦の敷居が大きく下がっている、より多く挑戦したほうがよい
今の時代、なにが当たるかは分からない。であれば、弾を打ち続けることが大事

ブランディングで気をつけること

・リリースのタイミングに気をつける
・毎日やる
・写真を投稿する
・イベントや出来事をリアルタイムに発信する

情報の発信から共感の発信へ
共感してくれた人はエヴァンジェリストになってくれる

F&B良品

・30万円〜40万円 / 月の売上
・2品目から始まり、現在は50品目
御田中米は、PVを公開したところ3ヶ月で52袋(11万円)の売上

コンセプト

・自治体がやる(中小企業ではネット通販に参入しづらいので、自治体が肩代わりする)
Facebook内で取引が完結する
・他の自治体へビジネスモデルを提供
 ・薩摩川内市が開始

その他

・事象から構造を考えることが大事、論理的に
・つぶやきタカボードのウラ話
武雄市図書館のウラ話