読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A7メモ帳のカバーについて

昔書きかけていた文章がサルベージされたので、適当に載せておく。ここでごちゃごちゃ行ってるんだけど、結局A7のメモ帳カバーはあきらめミニ6のシステム手帳に落ち着いたのはご愛嬌。

今これを買いているこのメモ帳、日頃持ち歩くことを考えればかなり一杯一杯なサイズ。これより大きければ持ち歩きは難しいし、小さければ書くスペースがない。そういうサイズだと思う。

また、リヒトラブのツイストリング形式なので紙が外せるのも良い。紙がなくなればコンビニで補充できるのが素晴らしい。

ただ、日頃持ち歩いているのですぐよれる。何かカバー的なものやちょっとちゃんとした表紙がほしいと考えているが、あまりぱっとしたものがない。SYSTEMICはちょっとかさばり過ぎる。そもそも、今の紙がA7より少し大きいのが良くない。手元にはA7ジャストの紙の余りもあるので試しに入れ替えてみたけど、やっぱり少し小さい。

いっそのこと、ちゃんとした表紙のメモ帳を解体して使うのが良いのだろうなぁ。その際はやっぱりA7サイズのものになってしまうんだろうけど

欲しいカバーについて妄想を書き連ねてみる。カバーは大き過ぎない方がいい。今のA7サイズはちょうどワイシャツの胸ポケットに収まるサイズなので、これ以上大きくなるのはちょっと困る。今、気に入って使っているメモ用紙はA7変形(実質5x3の情報カードサイズ)なのでこれが収まるものがいい。カバーは革製でなくても良い。ぱっと持ちだして変によれていなかったりして欲しい。雨やらにもつよい形がいい。カバーは縦開きでなくても構わない。横でもいいけど、360度折り返せるというメリットは引き続き享受したい。