今更Google Maps API v2のキーを取得する

とうとう間近に迫ってきたGoiogle Maps API v2の廃止ですが、今更ながらに新しくキーを取得する必要が出てきました。で、ひと通り取得してみたのでその対応をメモ。

大まかにはGoogleAPIs Consoleから申請。キーを取得する流れになります

手順

1.APIs ConsoleからGoogle Maps API v2をオンにする

  1. まず、APIs Consoleにアクセスし、左メニューから「Services」に移動します。
  2. 続いて、「Google Maps API v2」を探して「Status」を「ON」に変更

これで、Google Maps API v2を使う準備ができました

2.APIのキーを発行する

  1. 同じく左メニューより「API Access」に移動
  2. するとどのようなキーを発行するか聞かれるので「Create New Browser Key」ボタンをクリック
  3. 使用するURLやドメインのパターンを聞かれるので、実際に使うサイトのドメインを入力して「Create」
  4. すると一覧に今追加したドメインの情報が表示され、その「API key」が表示されます

今までのAPIキーよりだいぶ短いですが、Scriptを呼び出す時の「key=値」をこのAPIキーに置き換えれば普通に動作します

番外編 その1

一々手動でAPIキーを置き換えていくとダルダルしいので、適当に一括置換をかけます
Linux系ならこんな感じ

$ find ./ -name "*html" | xargs grep -lr "<元のAPIキー>" | xargs sed -i 's/<元のAPIキー>/<新しいAPIキー>/g'

番外編 その2

ちなみに、前述のv2の期限は、2013年5月19日

Note: The Google Maps JavaScript API Version 2 has been officially deprecated as of May 19, 2010. The V2 API will continue to work until May 19, 2013. We encourage you to migrate your code to version 3 of the Maps JavaScript API.

Google Maps JavaScript API v2 (Deprecated)

番外編 その3

Google Maps APIのv2とv3の対応ブラウザはこんな感じ
seh. Which web browsers does the Google Maps JS API support?

Google Maps JavaScript API V3:

IE 8.0+ (Windows) *
Firefox 3.0+ (Windows, Mac OS X, Linux)
Safari 4+ (Mac OS X, iOS)
Chrome (Windows, Mac OS X, Linux)
Android
BlackBerry 6
・Dolfin 2.0+ (Samsung Bada)

Google Maps JavaScript API V2:

IE 6.0+ (Windows)
Firefox 2.0+ (Windows, Mac OS X, Linux)
Safari 3.1+ (Mac OS X, iOS)
Chrome (Windows)