マニュアルの作成について考えてみる

色々なものについてマニュアル化を進めたい。一々考えたくない
→ ヒアリング事項や気をつけること、その他など
→ 目を通しておくべき資料など

一種のチートシート

それをどのような形でひとまとめにするかどうかがネック

綴る方法について

  • クリアファイルにまとめる
  • バインダーに綴る(2穴、30穴)
  • 適当にホッチキス

クリアファイルにまとめるのは、お手軽で良いがページの枚数が多くなってくると管理が間に合わなくなってしまう。ホッチキスではページの差し替えが不可能。バインダーに綴るのは素晴らしいが、2穴だと穴が飽きやすい。そこで、この間買った30穴のパンチを使って綴じてしまうのが良いのではないだろうか?

イメージ的には、今使っているバインダーとは別のバインダーを使用してページを挟んでいくのが良さそう。インデックスがないと不便なのでインデックスを使いたいがページを差し替えた時に一々インデックスまで差し替えていると大変。仕切りを買ってくるのが良いのではないだろうか?

どのようなフォーマットで書くか?

現在はExcelにまとめて書いているが、それで良いのか?

どこからでも参照できる点を考えれば、DropboxにやはりExcelの形で突っ込んでおくか、Evernoteに綺麗に入ればいいのだけど、なんとも言えない。

基本的にはチートシートよろしく一覧形式になるため、Evernoteでは厳しいような気がする。特にA4一枚に納める技術が難しそう。テーブルを駆使すればできるのだろうか?でも縦の長さをどうやって納めればいのかわからない。

でも、ぶっちゃけ仕事中はiPadを持ち歩いているのだから、素直にEvernoteに突っ込んでおいて印刷を考えないってのはかなり有りな考え方じゃなかろうか。変更の度に印刷するのも面倒くさいし。折角買ったパンチはお蔵入りしてしまうけど、それはそれで使い道があるだろうと思う。そのためにはEvernoteチートシートを作成する方法を考えなくては。

ちょっと調べてみたけど、Evernoteできれいなチートシートを作成する方法は難しいそうな気がする。困った。適当なチートシートを収集しつつ、のっぺらぼうに書いていくのがいいのかもしれない。

どうするか?

一先ず、手始めにチートシートを収集するところから始めてみてはいかがだろうか?結果、Evernoteで使ってみて、紙のほうが便利なら、そこから印刷をして綴るようにしても悪く無い。とりあえず、集めてみよう

で、ちょっと集めてみたけど、ぶっちゃけググったほうが早くないか?これ?と思わなくもない。それよりやっぱりマニュアルをどうにかしたほうがいいのではないだろうか?

ちょっとやってみた感想

なんかコレジャナイ感が溢れてくるのはなぜだろう。Evernoteで割りといい感じにレイアウトできないのが問題ではないだろうか。EvernoteのノートのHTMLを直接弄ってきれいっぽいテーブルを買いてみても、なんか全体的なバランスが取れない。そういうのをまとめるのに向いていないのか、もっとちゃんと一覧っぽくしてみないとダメなのか。

ちなみに、こんな感じのちょっとした文章を書く分にはそれっぽく見えていい感じなんだけどなぁ。

印刷について

そもそもA4に納めようとすることがナンセンスなんじゃないこと思い始めた。そんなのは必要ができてからがんばればいいことで、必須な項目じゃないのではないか?一度素直に単純なリストに変換して使ってみることから初めてみればいいのではないだろううか?そして、印刷の要ができてから改めてちゃんとしたフォーマットに落としこむようにしてみよう。まずは手始めにそうしてみよう。

せっかくExcelにきれいにまとめ始めていたけど、考えてみればそうしたほうがよっぽどスタートラインとして適切かもしれない。パンチは後で使うよ、きっと