読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人に道を聞かれた話

日記

今日の昼休み、飯も食べ終わって帰ろうとしてたタイミングで外人に声をかけられる。そもそも英語なんぞ対して話せないわけで、それでも話を聞いているとどうも博多港に行きたいらしい。フムフム、わからん。

そもそも博多港なんぞロクに言ったこともないので、日本人に聞かれたとしても「わかりません、多分あっちの方角にあるはずなので歩いていくかバスで行けるかと思います」以上の回答はできないレベルでそもそも知らない。

かと言って放ったらかすのも目覚めが悪いし、適当にバスを見繕って乗せて、もしなんか別の場所にたどり着いたりしたら目も当てられない。そもそも俺への質問に日本語が混じらない以上、ヘタしたらバスも下りそこねるんじゃなかろうかという結論に。

仕方ないので便利な呪文、"Follow Me"を発動。最寄りの観光案内所まで連れて行くことに。きっと観光案内所なら英語を喋れて博多港への行き方を知ってる人がいるはず、きっと。

連れて行く道中も日常会話もあまりできないのでなんか単語をぼそぼそ喋りながら何とか到着。一応ありがとうらしいことを言われたので、まぁものの役には立ったのだろうと思うことにする。

ところで、外国人に英語で話しかけられたのは初めてではない。なんだけど、今までは割と近場だったり、アジア系でお互い英語が片言だったりでなんとなく通じてた風はあったのだけど、今回は割にネイティブ風に話しかけられる+そもそも行き方を知らないのコンボで、自分の不甲斐なさに直面してしまった次第。

どこかで一度時間を作って道案内くらいはできる語彙を覚えておいたほうがいいかもしれないな。それ以前に博多港への行き方を調べたほうがいいかもだけど。