2015年11月11日。世界滅亡。根拠:数秘術

「11」――この“1のふたつ並び”は、近年急激に不吉な数字としての性格を強めてきている。米国同時多発テロ(2001年9月11日)、東日本大震災(2011年3月11日)、
阪神・淡路大震災(1995年1月17日)、いずれもその発生時刻には「11」という数字が絡んでいるのだ。

 さて、2015年の世界も悲劇や争いが絶えない年となり、今年中に世界が破滅するという予言も多いが、「11」という数字が連続する11月11日、つまり明日、
何かとてつもなく恐ろしいことが起きるのでないかと陰謀論者たちが色めき立っているようだ。なぜ、2015年11月11日はそれほど“危険”なのか? その理由を、以下に列挙してみよう。

●何かが地球に衝突する!?
 1994年3月24日(世界協定時)、もしも地球に衝突したら確実に人類は滅亡したと考えられている「シューメーカー・レヴィ第9彗星(SL9)」が、
同じ太陽系の惑星である木星に衝突した。2015年11月11日は、この日から21年と119日目にあたる。119は、あの911の逆。21は巨悪や暴動そして罪を象徴する数字である。

●巨大地震が世界を襲う!?
 前述のとおり、世界各国では「11」が絡むタイミングで巨大地震が起きている。ちょうど3年前の2012年11月11日には、ミャンマーでM6.8の巨大地震が発生し、多数の死傷者も出ている。

●人類は「新世界秩序」体制へ!?
11月11日は、この日からちょうど40日目にあたる。この40という数は、聖書において「試練・裁き」を象徴するものである。ノアの洪水も、雨は40日間降り続いた。
つまり、この40日が明けた後、「新世界秩序(ニューワールドオーダー)」が始まるのではないかというのだ。

 さて、ここで最後に挙げた「新世界秩序」(一部のエリートを除き、人類を奴隷化する)構想を掲げ、
実現のために暗躍していると考えられているのが、秘密結社「イルミナティ」である。彼らは、構想の完遂に先立ち、
大空にホログラムを映し出す「ブルービーム計画」を実行に移すとされているが、実際先月には、
中国の上空に突如として摩天楼が現れるという前代未聞の事態が発生しているのだ。11月11日、果たして世界を一変させるような事態が私たちを待ち構えているのか――?
いずれにしても、何が起きても同様しない心構えが重要だ。

http://tocana.jp/2015/11/post_7893_entry_2.html

【絶望】明日11月11日、地球滅亡の可能性発生へwへ