読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラを持ち歩く話

日記 ガジェット

一時期SNSに食べた昼飯の写真を上げていたのだけど、全く美味しそうに見えないくらいのものしか取れない。どこかに行って写真をとってみても、ぼやっとしたものばっかりでなんとも言えない気持ちになる。全く写真を取るのが下手でどうしたものかと思っていたところで、ひょっこり家の中からコンパクトデジカメが出てきた。

なるほど、確かに写真を撮る時に使っているNexus5のカメラはお世辞にも良いカメラとはいえないらしい。ならば、全く美味しそうに見えない写真も、どことなくぼやっとした写真もすべてNexus5のカメラのせいと言えないだろうか。カメラが素晴らしければ、もっと良い写真が取れるのではないだろうか。

っと腕ではなく道具のせいにして気持ちが落ち着いたところで、しばらくカメラをかばんに入れて持ち歩くことにした。

持ち歩くことにしたのは、かれこれ数カ月前。結論としては全くコンデジを使わない。流石にスマホは手ぶらなときにも持ち歩くけど、カメラはかばんに入れているため手ぶらなときは持っていない。それだけで撮影の機会は激減する。それに輪をかけて、一々カメラを取り出して撮影するというのがひどく手間しく写真を撮る事自体が億劫になってしまう。

もちろん、どこかにでかけた時とかならば、カメラを取り出して撮影しようという気概も湧いてくるのだろうけど、引きこもりにはそんな機会が訪れるなんてことは早々無い。大体かばんが130gほど重くなってしまっただけという残念な結果と相成った次第。

まぁ、いずれ何かを撮影するだろうと思って、もうしばらく持ち歩くことにする。

出てきたカメラについて

出てきたカメラについて情報をまとめておく。そもそもカメラ界隈に興味が無いのでスペックの意味するところがあまり良くわかっていない。主な感想は、「MiniUSBとか久々に見た」、「SDカードとか久々に見た」、「筐体がプラスチックで非常に安っぽい」である。

名称
: オリンパス VG-180

項目
有効画素数 1600
撮像素子 1/2.3インチ
画面サイズ 2.7 インチ
ズーム倍率 (光学) 5 倍
焦点距離 (広角側) 26 mm
焦点距離 (望遠側) 130 mm
F値 (望遠側) 2.8
F値 (広角側) 2.8
シャッタースピード 0.0005 seconds
手ブレ補正 なし
付属機能、特徴 非対応
記憶メディア SDXC
防水性 なし
カラー ブラック
重量 120 g