読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自動運転の自動車について思うこと。それは牛車

日記

思うに、まだ危険だな...... という記事を読んで。

車の自動運転って難しくない?

いつも自動運転自動車のはなしをみていると歩行者が無軌道にいる道路を走る車より、先に電車の無人化を進めたほうが良いんじゃないかと思ってた。

電車でも難しいという実例

だけど、ほぼ自動運転化されてるはずの福岡市営地下鉄七隈線でも、車掌さんがドアの開閉をやってたりするのを見るにつけ、結局乗ってる側が駆け込み乗車とかするアホばっかりだとどうしようもないなぁっと思ってしまった。

最大の問題はアホな人間という話

要は自動運転って最終的には、勝手なことをするアホな人間をどれだけ許容きるるか?対応できるか?って問題に辿りつくわけで。

さらに一般道だとアホばかりじゃなくてうっかりコケたり、体調が悪くて倒れたりもするし、うっかりぶつけると簡単に大怪我したり死んじゃったりする。そんな中を自動で運転するなんて途方もなくて並大抵のことじゃうまく行かないような気がしてる。

そういったのをどう許容していくんだろう。逆に人がいない高速道路とかなら結構いい感じなんだろうけど、多分それは過渡期的な話で、やっぱり一般道も自動運転したいと思うんです。俺はよく分からないけど。

そもそも今の車が自動運転には向いてないんじゃ?

直感的には今の車の形のままだと自動運転って駄目な気がするんだよね。そもそも重さ1トンもあるような鉄の箱を人に混じって自動で動かすってのは相当しんどいんじゃないだろうか。空をとぶか、地下を通るか、専用道を別途作るか。でも、それって結局は自動運転の電車と変わらないんじゃなかろうか。

じゃぁどんなのがいいんだよ

そうやって考えていくと、この間、話題になったような人にぶつかっても大丈夫な車ってアイディアは重要ような気がしてきた。例えば今の自動車ほど大きくなくて、もう少しイージーな乗り物っていうと、ぱっと人力車とか台車レベルが思いつく。でも、確かあれはあれで昔に衝突事故とか起こってえらいことになってたような気がするので、あれよりももっとゆるい感じの乗り物だよな。例えばお年寄りが載ってる電動カートみたいなレベルなら大丈夫かもしれない。

大きいのと小さいのが混ざると大変

とりあえずどんな乗り物ならいいのかってのは脇においておくとして。じゃぁ、自動運転の小さい何かが流行ればいいかというと難しい。自動車の利点は近距離でも遠距離でも同じ設備(道路)と同じ道具(車)でカバーできるってのもあるから、町中ではこれを使ってとかの使い分けってのが難しすぎる。

個人単位で使い分けできたとしても遠距離のものが同じ道を走る以上おんなじ問題が出てくるわけ。そんなちっさいのと、軽トラと運送用のトラックが同じ道を走るとか悲しい未来しか想像できない。

例えば、その小さい何かがあったとして、高速道路の有無で速度の制限を自動で切り替えられるとかなら良さそうな気がするけど、そうなると市街地内での物流をどう考えたら良いのかがよくわからなくなる。まさかトラックが運転できなくなると大変なことになるしなぁ。運べる量がどうなるかも問題やな。

そこはおいておいてイメージしてみよう

そこら辺を考えると大変なことになってしまうので一旦おいておいて。じゃぁ、小さい何かって考えると、例えば自動運転、最大時速10km、でも荷物は運びたいので最大200kgまで運べますみたいな。

どうなんだろ、時間は今よりかかるけど、自動なんでぼーっとしておいて良いし、荷物は運べますみたいな。高速に入ると途端に80キロで走り出します。そんな乗り物に需要はあるんだろうか。

あれ?それって牛車じゃね?

そういう条件に当てはまる乗り物を考えてみると、要するに安全な自動運転の自動車って牛車ってこと?ちょっとコンパクトで道端でうんこ垂れなくて、生き物的世話をしなくて良い乗り物 or 運搬手段。速すぎもせず、そこそこの荷物を運べて、人にぶつからず、ぶつかる前に避けられる。

牛車だそれ。頭のいい牛車だ。高速に乗るとすげー速いけど。

まとめ、とも言えない未来

なんというか、未来の自動車を考えていて牛車に辿りつくなんて、なにかが一周したような気がする。すげーな牛車。

とは言いつつ、牛車とは違って牛はいないので、単に屋根のついた箱が勝手に動くようなイメージになるんだろうか。中は畳敷きだったり、イスがあったり、荷物が積めたりするんだろうな。走行速度は市街地なら数キロ程度、高速道路なら80キロ。自動運転だから中でゆっくり寝ててもいいし、お茶でもしてればいい。もし何かあってもレッカー移動も楽そうだ。

ほんとにそんなのが走り回るような未来が来るのだろうか。まず来ないと思うんだよね、そんな未来。でも、少し面白いじゃん、自動運転牛車が走り回る未来とか。