イース8 インフィニティでクリア

 Vita版、PS4版でやってたイース8。PS4版でインフィニティモードでクリアした。

 はじめはインフィニティ・インフェルノで進めてたんだけど、流石にボス戦で1時間以上かかるようになってきたのと、1時間弱経過してボスの体力を8割くらい減らしたあたりで一撃死とかされる事案が発生し、心が折れ始めたので結局難易度を落としてインフィニティ・ハードでクリア。

 そもそもインフィニティ、一周目クリアして特にレベルも上げずLv 70代前半で行くものじゃないな。普通にレベルくらい上がるだろうと思って始めたけど、経験値がノーマル基準だったらしく終盤までレベルはほとんど上がらず。特にこのゲームは武器を買ったりはできないので、レベルは高いけど攻撃力は弱い、でも敵のレベルは高いので硬い。というしんどいモードが始まる。まぁ、ある程度ならこれも面白さに変換できるんだけど。

 逆に後半になればなるほど武器が強くなるのでレベルは上がらなくても相対的に楽になっていく。という序盤概要に難しいイメージ。一番はじめの迎撃戦とかは村の強化もできないし、武器も弱いしで何回かやり直したレベル。

 あとは下手なボスより途中の大型雑魚が硬すぎてどうしようもないだけど、それに拍車がかかってる。おかげで最後辺りの大型雑魚+雑魚ラッシュが鬼門でひたすらちまちま削ってた。続くボス戦は単体なので特に苦もなく撃破。

 ゲーム自体はVita版から含めて3周目なのでサクサク進む。どこかで書いたような気もするけど、ほんとにストレスのない、やってて気持ちが良くなるゲーム。適度なタイミングで差し込まれるイベントや新展開、無駄な作業なんかがほとんどないゲームシステム、初見殺しになりそうなポイントもほとんどないし、それっぽいところもそれはそれなりにフォローされているので、本当に安心して遊べるゲーム。

 ストーリーはいろいろな見方があるんだろうけど、好きなテイストかな。Vita版から補足されているエタニア編の話もいい感じ。ただ、やっぱりダーナのレベルがアドル編と同期しないせいで、いきなりレベル60そこそこで始まって敵のレベルは90超えてますとかナチュラルにきつかったです。まぁ、それにしたって普通に遊んでる分にはいいバランスだったので、単純にインフィニティ難しいってだけの話なんだけどね。

 4周目はあるかなぁ。トロフィーとか集めるのはあんまり趣味ではないので、また別の機会にって感じかな。久々にクリアしたので覚書までに。

 イース8の元になった「ゲーテ海案内記」。研究者のなかでどういう評価なのかがすげー気になる。なんとなく創作とか偽書呼ばわりされてたり。「おい、すげー本でてきちゃったよ」的な。「でも調べてみると、確かにそんな島はあるし、地理もそこそこあってる気がするし、村のあとっぽい遺構も見つかるってるし、ロンバルディア号沈没っていう記録もあるし。多分、アドルがそれを題材にしたんだろうなぁ。流石に」ってな捉え方をされてそう。

ロビンソン・クルーソーは架空の人物である。しかし、実際に無人島で生活した経験を持つスコットランドの航海長アレキサンダー・セルカーク(Alexander Selkirk) の実話や[1][2]、17~18世紀に広く出回っていた数々の航海誌等をモデルにしていたとされる[3]。しかし物語は、幾つもの海賊の物語に影響されて作られた物でありセルカークをモデルにしたものではないとする見解もある[4]。

1704年10月、航海長をしていたセルカークは、船長との争いが元でマス・ア・ティエラ島に取り残された。マス・ア・ティエラ島は、チリの沖合に浮かぶ全長約20km×幅約5kmの島でファン・フェルナンデス諸島では最も大きい島である。セルカークは4年4ヶ月の間、このマス・ア・ティエラ島で自給自足生活をし、1709年2月にバッカニアのウッズ・ロジャーズに救出された。

セルカークの特異な体験談はロジャーズの航海記で紹介されて、それをロンドンのジャーナリスト、リチャード・スティールが1713年に新聞で紹介した。この話からヒントを得たダニエル・デフォーが、ロビンソン・クルーソーの物語として1719年に初版を出した。初版本では著者名はなく、あたかもロビンソン・クルーソー自身の航海記であるかのような形式をとっていた。

1966年にマス・ア・ティエラ島はロビンソン・クルーソー島と改名され、今日では約600人が住む島になっているが、実際にセルカークがこの島のどこで生活をしていたのか、具体的な事は全く分かっていなかった。

1992年に日本人探検家の高橋大輔がこの島の調査を始め、実際に現地で自給自足生活を試みるなどしてセルカークの足跡を追った。2001年に高橋はセルカークの住居跡と思われる場所を発見した。2005年1月-2月に考古学者を含む調査隊を率い発掘調査を行った。高橋が最初に住居跡と思っていた所は、セルカークの年代より新しいスペイン人の作った火薬庫の跡だったが、その下からセルカークの年代の焚き火や柱の跡が見つかった。そして土の中から16ミリの金属片を掘り当て、当時の航海用の器具(ディバイダー)の先端部と一致したことが決め手となった。調査結果は2005年9月15日に世界中で同時に発表された。 ロビンソン・クルーソー

NVDA(銀行振込)

募金ルールに従って今月15日分の募金をやっておく。毎月15日、一口1,000円なり。

今月はNVDA。前回は2016年08月なのでちょうど2年ぶり2回目?。

とは言っても銀行振込なので実際の振込は月曜日になるはず。忘れそうなので記事だけは今のうちに書いておく。

赤とうがらし、その後

この間、買ってきた唐辛子。しばらく育ててたらこんな感じに。

f:id:atyks:20180809075034j:plain

最初はもとのポットに種を植えてたんだけど、思った以上に発芽率が良かったので小分けにしておいた。しかし、生育が少し遅いような気がしないでもないけど、こんなもんだっけか?

料理って難しい

 たまに料理をしたりする。急に食べたいものができたり、おさけのつまみだったり、単純にお腹が空いた時なんか。でも、大抵の料理は作り方がよくわからないので作る前にググって見たりするんだけど、出てくるレシピのレベルは総じて高い。

 そもそも使う材料の数が多かったり、工程が複雑だったり、そんな調味料ないよみたいなものが使われてたり。自分の手元を見てもみりん、酢、砂糖とか見当たらないし、料理酒とかもない。いや、ワインとかウイスキー、焼酎、ビールとかはあるけど、それとはどうも違うらしい。日本酒は飲むけどすぐ空けちゃうから残ってないし。

 本筋で言えば、必要そうな調味料を買い揃えて置くのが正解なんだろうけど、何に使うかもいつ使うかもよくわからない調味料を買い揃えるのはダルいし、あっても使い方なんかよく分からなくて気がつくと数年越しで使ってる光景が目に浮かぶ。

 そういえば、料理のレシピだと分量もよく分からない。4人分とか言われてもそんなに食べないし困ってしまう。大さじ小さじもよく分からないし、少々とか一つまみとか言われても…って気持ちになってくる。

 そういう自分の力量と環境を超えたレシピが出てくると、なるべく工程、材料、調味料、分量を目分量で減らして作るんだけど、上手く行ったりうまくいかなかったりと安定しない。仕方ないので「おっさん」とか「貧乏」とかを追加のキーワードに指定するといい感じの手抜き感あるレシピが手に入ることがあるんだけど、それもなかなか成功しない。

 まぁ、別に料理人になりたいわけでも誰かに美味しいと言ってもらいたいわけでもなく、単に俺が美味しいと思えればいいだけなので毎回毎回適当に作るんだけど、適当すぎて「そうえいば、あれってどう作ったっけ?」って羽目にも陥ったりする。

 ほんと料理って難しいなぁ。

福岡市博物館所蔵「幽霊・妖怪画の世界」展に行ってきた

 福岡市博物館でやっている「幽霊・妖怪画の世界」展に行ってきた。

 本当は同時にやっている『ボストン美術館浮世絵名品展「鈴木春信」』のほうがメインなんだろうけど、絵中心のやつはどうも見方がわからなくて楽しめ切れないのと、少し時間がなかったので興味のあるこちらの方のみ。

 内容的には福岡市博物館で所蔵されている奴だけの小さめの展示なので、確か去年?くらいにやっていた時に見たことがあるかなぁって感じ。まぁ、改めて見るとそれはそれで面白いので悪くはない。

 しかし、これ系の展示を見ていると毎回毎回くずし字というか変体仮名が読めないのが残念な気持ちになる。

 たしか大学の講義でくずし字?の講義があったんだけど、その時はそこまで熱はなかったんだよね。ちゃんとやっておけばよかったと思う反面、講義内容を思い出すと別にあのくらいなら独学でもいけるんじゃないかという気持ちになってくる。

 最近はアプリなんかでも勉強できるみたいなので、少しずつやっていくのはアリかもしれないな。楽しめる範囲を考えれば結構お得な技能なのかもしれない。

http://kasamashoin.jp/2016/05/kulamojizo60.html

ってか今、Wikipediaを見ていたら、変体仮名ってUnicodeに収録されているのか。すげーなUnicode

歯が抜ける夢の話

 歯が抜けるという内容の夢がある。自分の場合は、一本二本が抜けるんじゃなくて、歯がポロポロ抜けるような夢。っていうかそんなに歯はねぇよってくらい抜けて口の中が抜けた派手いっぱいになるような、そんな夢。

 で、夢占いってのがあって、要するに夢の内容から今の精神状態だったり、未来だったりを占おうというやつで歯が抜ける夢ってのも読み解かれてたりする。

 ぱっと探してみるとこんなページが見つかったりする。要するにストレスが原因ですって感じなのかな。

 問題の歯が抜けるって夢を結構な頻度で見ることが続いていたので、ずいぶんとまぁストレスフルなことでと思ってたんだけど、ある時期を境にパタッと見なくなった。

 はじめはそういえば最近歯が抜ける夢見ないなぁくらいだったんだけど、ほんとに長いことそういう夢を見ていない。そんなにストレス減ったのかいなと思っても、そんな自覚はない。

 はてさて、なんでだろうと考えていたけど、どうやら親知らずを抜いたあたりから見なくなったっぽい。

 自分の場合は親知らずが4本生えていて下の2本は斜めってて抜くのにえらい難儀するレベルの親知らずだったんだけど、それが原因じゃないかと思い至った。

 要するに、親知らずが変に生えてて歯が詰まって圧迫されていたんじゃなかろうか。なんというか、こう、ぎゅって詰め込まれているみたいに。その圧迫感が歯が抜けるというイメージにつながってそういう夢を見たんじゃないかな。

 精神状態のストレスというより、物理的な歯のストレスがそういう夢を見させてたんだと納得したし、なるほど夢も案外馬鹿にできないなという気持ちにもなる。

 でも、ふつー気が付かねぇよ。もっとわかりやすく伝えてくれよっと思わなくもない

Twitterで文章をスクリーンショットで共有するのが怖い話

 Twitterでよく見るやり方の一つに、文章が書かれた画面をスクリーンショットで共有するってのがあるけど、あれがすごく怖いという話。

 まぁ、Twitterは140文字?くらいしか投稿できないので長文とかを共有する方法がなかったり、どっかに書いてある文章をいちいち打ち直したりしなくていいし、見る側もいちいちブラウザで開くのが面倒なのもわかるんだよね。

 なのでスマホスクリーンショットを撮って画像として共有する。一枚で収まらなければ二枚三枚と少しずつスクロールした画像を添付する的な。

 その共有方法がすごく怖いというか、すごくあやふやなまま使われてすげーもやもやする。

 まず気になる点としては、改ざんの余地がありすぎること。所詮ただの画像なので画像としての改ざんなんて簡単にできるし、スマホサイズの画像で良ければブラウザ一つで簡単に改ざんできちゃう。

 発言者も文面も画像も日付も書き換えられるし、なんなら全くゼロからでも作ることができる。そんなTweet存在しないと言われても、削除されたんだと言い張ればなんでも捏造できそう。

 次に気になるのは元ネタへのアクセスが難しい場合が多いこと。画面だけ共有されても、どこにいけば本物が見られるのかわからない。なので、前のと組み合わせると改ざんされたかどうかすら確認できないことがある。

 あと、これは微妙なところがあるんだけど、スクリーンショットって妙なリアリティがある。ぼやーっと見てると、あー本物っぽいなというか、本物であることを疑わなくなるようなそんなイメージ。エビデンス的な。

 個人的には、スクリーンショットで画面を共有しているようなツイートは怪文書のたぐいと同じくらいな目線で見るようには気をつけているんだけど、やっぱり気になってしまうことがある。

 それに、そういうツイートに対するリプライとか見てるとあまりに普通に受け入れている人が多いように見えるのがすげー怖いなって思う。

 一番いいのはURLがあるならそれを載せればいいんだけど、それが面倒くさいんだろうなぁってのはわかるんだけどね。なんかいい方法はないんだろうか。