気の抜けた生ぬるい缶ビールとおさらばするための真空断熱構造の缶ホルダー

最近暑くなりましたね、ビールがおいしい季節です。ビールを飲むって言ってもね、なんというか一本をじっくり飲む人もいりゃ、何本も飲む人がいるというところはあるんだけど、何が問題かって言うとビールは出しっぱなしにしてると気も抜けるしぬるくっていう問題がありますということでございます。

一本ずつゆっくり飲む人はだんだんぬるくなっていくし、かぱかぱ何本も飲むような人は飲んでる最中に冷蔵庫とおつまみの前を行ったり来たりするのが非常に面倒くさい。

じゃあどうするのがいいかって言うと今回この話になります。こいつは350mlや500mlの缶用の保温できるホルダーになってます。何が素晴らしいかって言うと一種のサーモスみたいなタンブラーではあるんだけど、缶のままね、ホルダーに入れて保温することができる。しかも、そのホルダーに缶を入れた状態のまま飲むことができるということが素晴らしい商品ですね。

保温してくれるっていうのでどのくらいもつのかって言うと体感なんだけれども、一晩くらいはおいておいても翌朝若干冷えてるんじゃないかっていう感じで結構もつのかなと思います。状況にもよるけどね。

例えば晩酌みたいな感じで缶ビールをゆっくり飲むような人は、まあこれ一個買っておいて冷蔵庫からビールを持ってきてこのホルダーに入れておくと、まぁだいたい飲み終わりぐらいまでは多分冷たいままで飲んでいけるのかなと思います。もし1回に3本も4本も飲みますみたいな人がいれば、このホルダーを4つか6つか買っておいて、はじめに全部缶ビールをセットしておけば、だいたい飲み終わるくらいまでは冷たくて、いちいち冷蔵庫までビールを取りに行かなくてもいいのかなというところでございます。

後ね、一つ言っとかないといけないのは、こいつね結構すごくいい精度で作ってあって普通にね、なんか適当に缶を入れようとすると、なんか突っかかって入らないんだよね。ちょっと固いぞ、入んないんじゃねえかっていうことになるんだけど、これね缶を水平垂直にすっと嵌めてやるとね、なんだろう気持ちいいぐらいにするするっと缶が入ってしまう。要はそんな感じで慣れるまではね、ちょっとコツがいるから。

自分の場合はこれを4つか買っておいて、ビール飲むぞっていう時はまず最初にその4つのホルダーにビールをセットして、飲み終わるぐらいまでは全然冷えてるというところが非常に良いかなと思いますね。いちいち冷蔵庫に行かなくてもいいのは素晴らしい。

値段はちょっとするとは思うんだけど、こいつはもちろん缶を入れて使うっていうところが素晴らしいんだけど、別にそう使わなくても普通の保温できるタンブラーとしても使えます。要は直接、飲み物とかを注いでも使えるよっていうところがあるんで、普通のコップとして日頃は使っておいて、缶ビールとか飲む時はこれを缶用ホルダーとし使いましょうみたいな使い方ができて一石二鳥みたいな。

じゃあ直接こいつにビールを注げばいいじゃないっていう意見はごもっともなんだけど、その場合問題点として、だんだん炭酸が抜けてしまうんですよね。それはあまり面白くないよね的な。

缶をセットする場合は、飲む直前まで開けなくていいので冷えた状態のままおいておけるのがいいですよね。そこがこの商品の売りっていう感じはしますよね。という感じでなんです。

この記事としては、ここで終わりです。

今回の裏テーマとしては音声入力で記事を書いてみるという感じ。やっぱり色々つっかえてたり、文が前後したりちょこちょこ修正はしたんだけど、なれてくれば結構いい感じで行けるんじゃないか。そもそも手で打っても変な文章しか駆けないんだから、あんまり変わらない気がするな。でも、いちいち考えて打つより、適当に喋って修正するほうがだいぶお手軽感は強い気がする。

令和3年7月豪雨災害 支援募金(Yahoo!基金)

募金ルールに従って今月15日分の募金をやっておく。毎月15日、一口1,000円なり。

今月は静岡含めた関東での大雨と土砂災害。 普通に見える住宅街でも、雨で一気にこういうことになるのかというのと、土砂災害の凄まじさ。

今もゲリラ豪雨のようなものは各地で頻発しているし、今後どこでどうなるかなんてわかんないよね 何をどうのというのは難しいけど、なにかが少しでも良くなればとは思う。

令和3年7月2日夜から3日朝にかけて静岡県や関東南部を中心に発達した雨雲が流れ込み、記録的な大雨となった静岡県熱海市では3日、大規模な土石流が発生しました。

多数の住宅が流され安否不明者の人数については現在も正確に把握できておらず、熱海市の現場では警察や消防、自衛隊が中心となり捜索や救助にあたっています。(7月6日時点)

この災害により亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

Yahoo!基金では、これらの状況を受けて被災地や被災者支援を目的とした緊急支援募金の受付を開始いたします。

令和3年7月豪雨災害 支援募金(Yahoo!基金) - Yahoo!ネット募金

日本赤十字(クレジットカード)

募金ルールに従って今月15日分の募金をやっておく。毎月15日、一口1,000円なり。いや、今回も2,000円なり。 赤十字のサイトからやると、最低金額が2,000円なんよね。なんかいみがあるんやろうか。

5月から始まっていた緊急事態宣言も6月20日で一旦終わり。その後はまん延防止等重点措置に変わるらしい。 良かったような、別に何も変わらないような。なんとなく五輪に向けてのポジションな気がする。

けど、地方が長年プールしていた余力をこの1年くらいで吐き出しまくっていて、 地方都市の経済に与える影響はえらいこっちゃなわけで今後の経済どうすんのよと思わなくはない。

まぁ、東京や大阪みたいな大都市圏はどうでもいい話なんだろうけどさ

UberEastsでおつまみとお酒を扱う店が増えてほしい

これは自分が住んでいるところが田舎すぎるだけなのかもしれない。

UberEatsに出している居酒屋系のお店。最近別途お酒を準備するのが面倒くさいので、もう1ボトルセットとかつけてくれないかな。ピザ屋とかローソンはアルコール出してるからできなくはないんだろうけど。つまみオードブル+焼酎5合とか。っていうか、いっそのこと酒屋がUberEatsでお酒を出してほしい

つまみオードブル+お酒セットがあったとして自分ならいくらくらいだすかな。居酒屋で一人飲みとかしてた時は、ビール焼酎+好きなつまみで3千~4千くらい?キープがあればもう少し安くなるかなって感じだった気がするからそのくらいかな。休日なにもやる気がない日とか、明日が休みだけどもう何もしたくないとかの時に一人で飲みたくなったら頼む気がするな、それで昼から飲みたい。そろそろ昼のみが楽しい季節だしね。昼のみはいつでも楽しいけど。

問題はUberEatsだとつまみがいっぺんに届くし、だんだん冷めていく or ぬるくなっていくっていうのがネックだよなぁ。お店で頼めば、順番に出してくれるから、いい感じで食べれるけど。冷めてもうまい系か、なんらか自宅で工夫できる余地があればいいんだけどなぁ。

在宅ワークでいつものPCと仕事用PCを使い分けるために買ったガジェット

いつも使っているPCはノートPC。普段はそいつが机の上においてあって、マウスやキーボード、デュアルディスプレイ用のディスプレイ色んなものが便利につながっているわけなのだけど、いざ在宅ワークしようとなると若干面倒くさい。

今までは在宅ワーク用のスペースを作ってそっちにディスプレイやらマウス、キーボードをワンセット用意して、そっちで作業していたからいいんだけど、だんだん暑くなってきた。

寒いのはある程度どうにでもなるけど、暑いのはしんどい。普段使わないテレワーク用のスペースでは冷房が若干怪しい。となるといつもの場所で在宅ワークしたい。が、そこにもうワンセット置くのは流石に邪魔くさい。

となると、在宅ワークするたびにいつものノートPCからHDMI、USB TypeAハブ、USB TypeC充電ケーブルなんかを引っこ抜いて、仕事用のPCに差し直して…、面倒くさい。で、仕事が終わったら仕事用のPCから引っこ抜いていつものノートPCにつなぎ直して…、面倒くさい。

っというのを繰り返した結果、結局ドックを買うのが一番いいんじゃないの?ってところに落ち着いた。

で、買ったのがこれ。どうもつい最近出たらしいけど、なんか色々ついてるのが便利。同じような製品はあるけどUSB TypeAとTypeCポートの数が多いってのは選んだポイントの一つ。こいつなら、本当にノートPCの下に敷いておけばTypeCのケーブル一本差し替えるだけで手間いらず。すごい。

あとはポートが同じ側に並んでいること。前にも後にもポートがあったりすると置き場所に困って結局じゃまになってしまう。こいつだとノートPCの後ろ側にポートが増える形になるので机の上に這い回っていたケーブル類が全部後ろにまとまって非常にいい感じ。

こういうのを買ってしまうとノートPCを机の上に直置きすると若干もさったいなってなって買ったのがこいつ。こいつでドックごとノートPCを浮かせておいて、その下からマウスやキーボードのケーブルを持ってくれば、机の上が更にいい感じになった。まぁ、浮けばいいので別にこれじゃなくてもいいと思うけど、なんか評判良さそうだったのでチョイス。

そんなことをしていると、あー夏だしノートPC熱いな、なんか冷やす方法ないかなってなって、こんなものを買う。こいつを浮かせたノートPCに向けて稼働。ケーブルもさっきのドックから伸びてるから机の上で邪魔しない。

で、ここまでくると、だんだん机の上からものが消えるのが楽しくなってきて、しばらく前から使わなくなったこいつを押し入れから引っ張り出してくる。こいつを机の下にぶら下げて、ちょっとした小物や紙ものを仕舞っておくとあら不思議、机の上から小物まで消えてしまいましたとさ。

これらの試行錯誤の結果、机の上から小物やケーブルが見えなくなり、非常にいい感じ…、じゃない、仕事用PCを使うときはいつものノートPCを閉じてその上に仕事用PCをオン、USB TypeCのケーブル一本を差し替えるだけで切り替えできるようになりましたとさ。めでたしめでたし。

今度は、デュアルディスプレイ用に机の上から伸びてるディスプレイアームが気になってきたぞ。いっそ天井から吊るすとか?

まぁ、人間色んなものに息詰まるとさ、環境を変えれば解決するんじゃないかって思って試行錯誤するんだけど、本当に変えないといけないものは別のところにあったりするんだよね。ということは気がついていないことにする。

キャスターで机を動かせるようにしたら便利だった話

普通のデスクの下に、百均にあった植木鉢とかを動かしやすくする用のキャスターを敷いて机を動かせるようにしてみたんだけど、これはすごいな。なんで今までやってなかったんだレベルで便利になった。

買ったのはこれ。一個200円なり。で、ダイソーのオンラインショップだと1セット16個入なので注意が必要。だいたい園芸コーナーにあるはず。

今までは椅子を動かして位置を合わせてたけど、机を動かして位置合わせできたり、簡単に裏側にアクセスできるので配線も掃除もお手軽になった。座る位置や部屋に入ってくる光の角度によって机の場所も変えられるし。

問題は地震とかの時だけど、逆にフリーで動くのでもしかすると耐震性あるかもしれない。

それに合わせて机の上を大整理。今まで直接コンセントとかからとっていた電源をタップに。タップ本体は机につければコンセントから机まではケーブル1本で済むので動きもスムーズに。机の上に載っていた文具や小物はキャスター付きの小さなメタルラックにまとめて、机と一緒に動かしておくとさらに便利。

気を付けないといけないのは、キャスターをロックとかしてないので、うっかり力を入れたりすると動いて危ないところかな。普通はそういうことはないので大丈夫だけど、お酒を飲んでいたりするとうっかりやっちゃうかもしれないな。まぁ、しばらく使ってそういうものだと思えれば大丈夫そう。

日本赤十字(クレジットカード)

募金ルールに従って今月15日分の募金をやっておく。毎月15日、一口1,000円なり。いや、今回も2,000円なり。 赤十字のサイトからやると、最低金額が2,000円なんよね。なんかいみがあるんやろうか。

世の中的にはGW明けて結構な感染状況が見えてきてあわあわしている感じなんかな 一部都道府県でも緊急事態宣言が出てたりして、これ、このままいくと新型コロナを待たずにやばいんじゃないかって思う。

今まで落ち着いていた台湾でも急に増えてたりするので、こういう傾向が世界的にもあるんやろうな。 とは言っても、個人レベルではやることはあんまり変わらないし、できることってのも変わらないよね

ただ、でっかい東京とか大阪以外の地方都市圏だと地場産業を如何に支えていくかって視点は持ちたいけど。 自分にできるのは、せいぜいはいつも行ってた居酒屋とかのランチに行くくらいしかできないよなぁ。難しい話だ