三題噺とストーリーキューブス

昔からお話を作りたい欲というのは昔から少なからずあって、とは言ってもなんの当てもないなぁと思ってたところに出会ったのがストーリーキューブス。

まぁ大枠で言えば、何らかのアイコンが割り振られたサイコロをN個振って、出た目に書いてあるアイコンから発想して物語を作るという子供向けの知育玩具なのです。で、ぱっと見のやり方には9個のサイコロを振って、出た目に書いてある9個のアイコンからストリーを作りましょうなんて書いてあるのだけど、結構難易度が高い。そんな9個も要素を使った物語なんてよく思いつかない。で、仕方ないからサイコロは3個にして遊んでいたりする。

このブログの記事にもそうやって作った?小話をいくつか書いてたりするんだけど、なんかこう、それっぽいやり方とかないのかなぁッと思ってて見つけたのがこれ。「三題噺」。

元来、トリを取れるような真打ちだけがやったもので、客席から3つ「お題」を出してもらい即席で演じた。 出して貰う「題」にも決まりがあり、「人の名前」「品物」「場所」の3つで、どれかを「サゲ」に使わないといけなかった。

初代三笑亭可楽が始めたとされており、幕末には盛んに行われた。三題噺を元にした演目の代表作としては『芝浜』が挙げられる。三遊亭圓朝がある時の寄席で挙げられた題目が「酔漢」「財布」「芝浜」の3つで、これを題目として演じたのが『芝浜』の原形といわれている。この他『鰍沢』も三題噺を元にした演目の代表作である。

三題噺落語の創作には、かなりの発想力やセンス、またそれを演じるための技術が求められるため、誰もができるわけではない。近年では、三遊亭白鳥や柳家喬太郎などのほか、柳家わさびなども定期的に三題噺を演じる会を開いている。

現代では、落語のみならず、漫才やトーク番組などでも応用されて用いられている。また、大手マスコミ等の採用試験の問題として出題される。

三題噺 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E9%A1%8C%E5%99%BA

Wikipediaを見ると、どうやら落語の一形態のようで、客席からもらった3つのお題から即興で落語を作るというものらしい。なんとなく自分がやってたことに近いし、なんか3つってのもお揃いな感じがある。ただ、どうもこの3つの選び方っていうのには決まりがあるらしく、「人の名前」「品物」「場所」の3つで、どれかを「サゲ」に使わないといけないらしい。サゲってのは要するにオチ。

っていうか、『三遊亭圓朝がある時の寄席で挙げられた題目が「酔漢」「財布」「芝浜」の3つで、これを題目として演じたのが『芝浜』の原形といわれている』って書いてあるけど、あんな話を、そんな即興でできちゃうってどういうことなの、すごくね?

さて、なるほど、出てきた目のアイコンの解釈を今までは適当にイメージしてやってたけど、それぞれ3つのテーマに割り振ってしまうといいのか。ちなみに、Wikipediaでは「人の名前」って書いてあるけど、どうやらこれは「登場人物について」くらいの意味らしい。流石に人の名前だと使いみちがないだろう。まぁ、次に暇々考えるときには、この三題噺のことを思い出して、ちょっと試しにやってみようかな。あれもぼんやり考えるだけならいいんだけど、いざ文字に起こそうとすると大変だからいつになることかわからないけどね。

益城町の「守り神」が全壊から、社殿復旧の道へ(Yahoo!基金)

募金ルールに従って今月15日分の募金をやっておく。毎月15日、一口1,000円なり。

気がつくと早いもので熊本の地震から5年くらい経つらしい。ついこの間のことのような気もする。年々年が経つのは早くなるなぁ。

今回は、木山神宮なり。熊本城は今月に天守閣復活祭なるものもやるらしい。もちろん地域によって差があったりして一概に復興したぞなんてのは言えないとは思うんだけど、全てが同時になんてのは難しいだろうから、こうやって少しずつ色んな所が復興していったりするんだろう。

熊本城天守閣公開記念イベント「天守閣復活祭」について | 【公式】熊本城

また最近、色んな所で地震が多かったりして嫌な感じではあるけど、何事も無ければいいなぁっと思っている次第。

熊本地震から5年目となりますが、当地の熊本県益城町では、多くの方が未曽有の災害から現在も懸命にそれぞれの復興を進めておられます。

神社の再建については、神殿が令和3年末完成を目標に工事を関係者と力を合わせて進めております。神殿が完成した後は拝殿の再建と復興の道はこれからも続いてまいりま> す。 益城町の「守り神」が全壊から、社殿復旧の道へ 町の創造的復興の象徴に - Yahoo!ネット募金

そういえば熊本城の復興城主。ふるさと納税するとなれるっていう話なんだけど、自分が使っているのは「ふるさとチョイス」でも「楽天ふるさと納税」でもないんだよなぁ、残念なことであるよ。 復興城主 | 【公式】熊本城

Web会議で注意しないようにすること

鏡というのは考えると不思議なもので、普通は見ることがない自分の顔を見ることが出来たり、自分の後ろの景色を見ることができたりいたします。普段、鏡を見るときは化粧をしたりなんだと全体ではなく鏡のごく一部をじっと見ていることが多いと思いますから意識はしておりませんけれども、自分の後ろの景色なんてのは鏡がない時分はまず見ることができませんでした。

そんな鏡でございますから鏡の中には悪魔が住む、合わせ鏡など鏡にまつわる怪しい話はいろいろとございまして。昔から鏡には不思議な力があると思われておりました。

さて、昨今はテレワークだなんだとWeb会議ってものをする機会が多ございます。ですが、Web会議は妙に疲れる、服装も自由がきいて、自宅なんかの気安い場所でやってるはずなのに妙に疲れるなんてことをよく聞きます。

疲れる理由はいろいろと研究なんてのがされていて、例えば自分の顔をずっと見続けないといけないからなんて説や、相手の反応がわかりずらいので集中力が必要になってしまうって説もあったりいたしますが、本当は違うんだという話もある。例えば普段は見なくていい自分の後ろをずっとみてしまうことが疲れる原因ということでございます。

どういうことかと申しますと、Web会議に使っているWebカメラ、なんとなくみんな風景を撮影するカメラと同じようなものだろうと思っておりますし、何やら現代的な機械のように思っておりますけれど、インカメラってのは要するに鏡でございます。自撮りってのはカメラの中の自分がカメラの外にいる自分を見つめている。鏡の中の自分が鏡を見ている自分を見つめているように。機械だなんだってのをうっちゃって考えれば、それはもう鏡です。

ところで、人間は見るべきものを無意識に制限することがございます。たとえば集中していると周りが見えなかったり、嫌なもの嫌いなものが視界に入らなかったり。でも、それは全く見えていないというわけでございません。頭の中では見えているですが、それから無意識に意識をそらしているだけでございます。

たとえば視界の端がふっと気になって目を向けても何があったのかわからない、そういったことはございませんでしょうか。それは目から入った信号が頭ん中の脳みそにまでは届いて頭の中ではいったん見えている、見えていてそちらに注意を向けたのだけど、それを見たくなくて無意識的に意識をそらしてしまった状態ということでございます。そういう時は視線をそのままにせず、すぐに別のところを見たほうがよろしい。そうしないと見たくないものを見てしまうかもしれません。

こういう話は昔からあって、妖精と目が合うと言ったりする。視線をふと向けた先で妖精と目が合う。ここでいう妖精ってのはティンカーベルみたいなかわいらしいものとは限りません。妖精ってのは書いて字のごとく、妖しい精霊と書くんでございます。

そういう得体のしれないなにかと目が合ったときは、そいつに目が合ったと気が付かれないようにしないといけません。じっとあいての目を見つめたり、声をかけたり、驚いたりしてはいけない。そうしないとみられたことに気が付いたそいつは…。

気が付かれないようにしないといけないとはいっても急にあからさまに眼をそらしたりすると気づかれてしまいますので、例えば「あれ?時計がないな、こっちにもないか、あっちかな」といった独り言なんて言いながら別の場所に何気なく目をそらすのがよろしいそうでございます。

ところで、Web会議なんてものをやっていると、画面の端っこにある自分の顔が映ってる小さな枠が、妙に気になることはございませんか。別に何が映ってるわけでもない、映っているのは自分の顔と後ろが映っているだけの小さな枠のはずなんですが、何か妙に気になってしまう。

そういう時は気を付けたほうよろしゅうございます。いつもは絶対に見ることができない自分の後ろ、後ろにあって気が付いていない得体のしれない何か、頭が無意識的に見ないようにしている何かが気になっているのかもしれません。決してじっと見つめたりしないようお願いもうしあげます。

ローリーズ・ストーリー・キューブス (日本仕様)

ローリーズ・ストーリー・キューブス (日本仕様)

  • 発売日: 2013/08/08
  • メディア: おもちゃ&ホビー

今回もストーリーキューブ全然使ってないけど、まぁいいか。

福岡県立バーチャル美術館に行ってみた。そしてバーチャル美術館について考えた話

福岡県立美術館が「福岡県立バーチャル美術館」を公開って話があって楽しみに見に行ったんだけど、なんというか、若干のこれじゃない感がある。まぁ、具体は見てもらえればいいとは思うんだけど、OPというかマウススクロールからのアニメーション、実際に入り終わった後はタイル状に絵画や収蔵品のサムネイル、クリックすると若干の説明と拡大写真。

なんというか、これのもう少ししょっぱいバージョンはWindows95のPCを初めて買ったあたりにサンプルでついていた美術系のマルチメディアCDで見たような気がするくらいには、何の目新しさもバーチャルさもない。

ちょうど同じようなタイミングでルーブル美術館でも同じようにオンライン上でコレクションを見ることができるようになったので、そちらも見てみる。例えばモナリザはこんな感じ。こちらはもうすこし説明や画像が充実しているけど、大枠としてはおんなじイメージ。まぁ、いろんな要素にリンクが張ってあるのでビジュアルだけで辿るとかの必要はなくて、次から次へ見ていける分、面白くはあるけど。

なんというか、若干の肩透かし感はある。

さて、こういうのを見ていて、自分がバーチャル美術館といわれていったいどんなものを期待しているのだろう。例えば館内を3D+VRで再現して館内を自由にウォークスルーできるようなもの?CDモデルをぐりぐり回しながら普通なら見れない角度や距離から収蔵品を見ることができるもの?音声ガイダンスを自由に聞けたり、動画をふんだんに使った紹介ムービーが見れたり?

学芸員の方のツアーを再現してほしい。できればツアーを作品ごとに分割して、その説明を聞きながら、ぐりぐり収蔵品を動かしたい。ツアーだと近くに寄れなかったり、聞き逃したりしちゃうので、それをバーチャルで助けてほしい。あと、音声だけだと急に専門用語とか聞きなれない言葉が出てきて、??ってなっちゃうので字幕が欲しい。ある意味、収蔵品のオーディオコメンタリー。

収蔵品をぐりぐり動かしたい。拡大縮小回転含めて。一つ一つの収蔵品について音声と拡大縮小移動のナビゲーションを連携したガイダンスが欲しい。最近、ゲームやなんかのチュートリアルにあるように、次、その次、みたいな感じで見るべき要素をアピールしてほしい。そしてそれを自由に止めたり進めたりして作品の概要がわかったところで、あとは自由に拡大したり回転させたりして見て回りたい。

あと、その収蔵品に関する関連情報をナビゲートしてほしい。例えば、それについて書かれた本の案内だったり映画の紹介だったり、そのほかの作品だったり。美術館単体だとそれも限られるけど、ほかの文化施設と連携すればいろいろと深堀出来ると思うんよね。

ぶっちゃけ美術館という建物自体には興味がないので、バーチャル空間の中でウォークスルーできますとか言われても困るし、動画が見れますって言われてもならYoutubeでみるしってなるから、自分がバーチャル美術館にもとめるのはこんなイメージかなぁ。

まぁ、現場はお金も人もなくて大変だとは思うんですけどね。

福岡県立美術館が「福岡県立バーチャル美術館」を公開。コロナでも所蔵作品の鑑賞を|美術手帖 https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/23683

ルーブル美術館、48万点の所蔵品を オンラインで無料公開 | Webマガジン「AXIS」 | デザインのWebメディア https://www.axismag.jp/posts/2021/04/358655.html

災害復興みらい募金(Yahoo!基金)

募金ルールに従って今月15日分の募金をやっておく。毎月15日、一口1,000円なり。

と言いたかったけど、先月分を忘れていたので今月まとめて二口分。

東日本大震災から10年か。もともとこのブログが募金ブログ化してしまったのはこの件の余波だったな。

さて今回はどうしようということだけど、最近は赤十字が多かったので災害関係をチョイス

毎年のように全国各地で頻発する自然災害により甚大な被害が発生し、今もなお被災地では復旧・復興活動が続いています。また、新型コロナウイルス感染症が蔓延し、医療現場では最前線で患者の皆さんの治療に尽力されている方々がいらっしゃいます。

「災害復興みらい募金」では、国内外で発生する自然災害による被災者と被災地への支援、新型コロナウイルス感染症のような疫病から医療崩壊や経済崩壊を防ぐための支援および支援活動を行う団体向けの助成等を行っています。

災害復興みらい募金

しかし、この間からニュージーランドあたりで大きな地震が立て続けにあっていて不安になるな。 何事もなければいいなと思いつつ、日々振り返るのが大切だなとも思いつつ。

Chromecast with Google TVを試した

なんか去年末くらいに書いていた記事があったので一応載せておく。結構こういう下書き?的な記事はあるんだけど、なんか公開するのを忘れて時期を逸してしまいがちやな。

以下、本文

Chromecast with Google TV。便利なのかどうか若干あれやな。一番メリットを感じていた電源のオンオフをリモコンからできるってのは良い。サービスを横断したおすすめ系はいまいち。使ってもないAmebaを押されても…って気になる、アプリ消しても居座り続けてる。逆に対応していないサービスもまだ多い

あと、多分Bluetooth周りとか一部内部のソフトウェア辺りに調整不足なところがあるっぽい気がする。初期セットアップ時に固まって無理やり進めたり、音量調節がおかしくなる時がある。一部はHDMI切り替え器を間に挟んでいたのが原因っぽかったけど…、この辺はAndroidTV周りとの兼ね合いかな。今のところ電源以外はスマホ操作のほうが便利かな

若干しゃらくさいのは、ドコモのサブスク関係。今サブスク登録しているのはdアニメなんだけど、サービス横断してのおすすめに対応しているのはdTVのみ。一々、アプリから起動しないといけないのがめんどすぎる。いっそdアニメは解約してNetFlixに移ったほうが、こいつを使ううえでは便利かもしれない

なんにせよ、Abemaを消したい。っていうより使ってないサービスの動画を出さないようにしてほしい。そして使っているサービスの動画を出せるようにしてほしい。って感じかなぁ。今年の年末年始は引きこもりが加速するはずなので、無料期間としていろいろ登録してみてもいいかもだけどさ

ちなみに、本体が熱くなるってのは全く解消していないので、以前書いたヒートシンクを引っ付けるって対応はまだまだ役に立ちそうだ。

ローカルで動作するメモ管理アプリ Obsidian

普段からメモやなんやらは全部Evernoteに放り込んでいてすごく便利に使っている。昨年末くらいにあった大幅なアップデートの後には、一部欲しい機能が未実装なところもあるけど、もろもろの使い勝手もだいぶ上がったし非常に便利。Web版も使いがってが良くなっていい感じ。

なのだけど、最近どうしてもオンラインに上げるのがはばかられるメモというのも増えてきた。ひと昔前はEvernoteにもオフラインノートブック的なものがあったけど、ちょっと最近は使えそうにない(主にWeb版のEvernoteを使う機会が多いので)。

で、しょうがないのでオフラインでメモやらなんやらを管理できるツールを探していたところで見つけたのが、このObsidian。概要は以下ののリンク先なんかを見てもらえればと思うのだけど、ぶっちゃければMarkdownファイルを管理表示する専用のファイラー的なもの。適当なディレクトリにMarkdownを放り込むと階層表示やらエディタやらプレビューやら見出しによるアウトライン表示なんかが付いてくる。

jmatsuzaki.com qiita.com pouhon.net pouhon.net

このシンプルさがすごく手軽で便利。所詮は階層フォルダにMarkdownファイルが置いてあるだけ。ただのテキストファイルなので最悪いつも使っているテキストエディタVSCodeで触れたり、検索や置換もただのテキストと同じ感じでコマンドラインからできてしまう。自分としても、大昔はChangelogメモ、Obsidianと同じようにフォルダ+Markdownを使った簡易Wikiみたいなものを使ってたりもしたので、全く違和感がない。

あれ?Obsidianを使わなくてもVSCodeで十分代用可能なくらいしか使ってないな。なんかあったらそれでもいいか。

普通に使えばローカルに閉じた使い方だけど、多分ファイルの保存場所をDropboxやGoogleDriveなんかにするともっと便利かもしれない。今回の自分の例だとそぐわないのでやってないから知らんけど。

あと、どうもObsidian的にはキーワードやリンクをうまいこと張り巡らせるとグラフ化してくれたりともっと便利になるようだけど、まだそこまでは使ってない。この辺の機能はEvernoteでも欲しいかもな。