ScanSnap S1500のパットを交換して紙詰まりを直した

ScanSnap S1500を2009年ごろから使っている。

思えば随分前から蔵書の自炊や不要な紙類の整理、メモ書きや名刺の取り込みなんかに活躍しているんだけど、最近はやたら紙詰まりするなぁっと思ってた。その度にローラーを拭いたり紙をしごいたり、結局紙を1枚ずつセットしたりと色々とやってたんだけど、これはそろそろ寿命だなと半ば諦めかけていたわけです。

なので、最近のScanSnap製品を見比べて、小さいほうがいいんじゃないかとか、どうせ買うならハイスペックでしょとか物色してたんだけど、そんな時にScanSnapの消耗品の交換という話が目に留まる。なるほど、たしかにこいつを買って大分経つけど消耗品の交換とかしたこと無いなと思い至って交換品を探してみると、パッドユニットと言うものとピックローラユニットというものがあるらしい。

値段は、パットユニット2,000円弱、ピックローラユニットが5,000円弱。両方変えると7,000円かぁと微妙な気持ちになったので、とりあえず安い方から変えてみようとパットユニットのみ交換してみた。買ったのはこいつ。

FUJITSU パッドユニット FI-C611P

FUJITSU パッドユニット FI-C611P

で、交換してみたんだけど、えらいびっくりしたね。新旧一目瞭然。全く気がついてなかったけど、すげーゴムが薄くなってるの。そりゃ紙送りに失敗するわ。これはダメでしょう。

f:id:atyks:20171119171110j:plain

で、交換後改めてスキャンしてみたんだけど、まったく紙詰まりしない。二重送りとかもしない。ちゃんとスキャンできる。全く問題なしですよ。やっぱりちゃんと消耗品は交換しないとダメだなぁ。これでまたScanSnap S1500ももうしばらく使えるようになったろうし、また調子が悪くなれば今度くらいは5,000円の方を買ってもいいかもしれない。

新しいやつや小さいやつも気になるけど、またしばらくはScanSnap S1500を使っていけそうな感じ。