文体が安定しない話

年末年始くらいにかけて、「あー、ちゃんとブログを書きたいなぁ」と思って書いてみるんだけど、書く度に文体が変わって安定しないのが少し気持ち悪い。

ですます調だったり、だである調だったり、体言止めばっかりになってしまったり、事務メールみたいな文章だったり、会話口調だったり。そもそも句読点の使い方すら安定していない。

この辺は書き続けていれば安定してくるものなのか、それとも何かの目標なり何なりがないと安定しないようなものなのか。

そもそも、本はそれなりに読む方だと思うんだけど、別にどういう文体が好きとかそういうこともあまり意識していないので目指す文体なんてものは特にない。単に安定していないのが気になるだけ。

いっそ音声入力にしてみればいつもの話し方っぽくなって統一されるんじゃないかとも思ったけど、それはそれで面倒くさいなぁという気持ちも湧いてくる。そもそもそんなに喋れるんなら苦労はしていないわけで。

まぁ、しばらく書いてみれば何となくどうにかなるんじゃないかぁっと思うので、この記事を来年くらいに見直して改めて考えてみようと来年の自分にぶん投げてみる。