iPad用のキーボード付きケースを探したけど諦めた話

 先日、iPadを新調したのに合わせてキーボード付きのケースを色々と探して見たけど、最終的に単品のBluetoothキーボードに落ち着いたという話。

iPadを買い替えたらキーボードが欲しくなった

 この間出た第六世代のiPad。今まで使っていたのが初代iPad Airだったこともあり、特に悩まずに買い替えた。せっかくなのでiPad用のキーボードが欲しくなって調べ始めたのです。

 iPadは初代から使っているのである程度は慣れているんだけど、やっぱりキー入力が面倒くさい。そもそも画面の半分をソフトウェアキーボードが埋め尽くすのも面倒くさいし、普段はスタンド的なものに立てているから打つときに手が変な角度になるのもやりずらい。

 そんな不満はずっとあったんだけど、キーボード買うのも面倒くさいという理由だけで買わずじまいだったのだけど、せっかく新しいiPadを買ったんだし、ついでに買っちゃうか的なノリが出てきて色々と物色しはじめた。

求める条件、理想のキーボードを探して

 条件としては、できればカバーとスタンドとキーボードがひとまとまりになったもの。なるべくコンパクトなものをイメージ。ぶっちゃけるとスマートキーボードが当てはまりそうなんだけど、あれはProしか対応していないっぽいので除外。

 で、色々探して見たり、検討して見たりしたんだけどなんか良さそうなのが見当たらない。だめっぽかった部分としては、こんな感じ。

  • カバー一体型だとiPadの向きが変えられない
  • キーボード使わない時でもキーボードを持ち歩くのが邪魔
  • スタンドの角度が柔軟に変えられない
  • キーボードを閉まったタブレットモード的な状態だとえらいでかい

よくよく考えると

 はてさて困ったぞ、と当てがなくなっていたんだけど、一周して「別に普通のBluetoothキーボードでよくね?」という気がしてきた。だいたい常にキーボードが欲しいわけじゃないので必要な時だけ持っていけば良いし、キーボードとiPadがそもそも分離しているのでiPadの向きもキーボードとの位置関係も関係ないし。

青い鳥はどこにいた?

 で、引っ張り出してきたのは以前買ったキーボード。家でブログなんか書くときにスマホと接続して使ってたものをとりあえず引っ張り出してきた。

 もともとスマホで使っていたので慣れてるし、小さいし、薄いし、充電持つし、iPadと重ねて持ち運んでも違和感のない大きさと厚さ、キーボードが必要ないときは持っていかなければ問題ない。うん、これでいいんじゃね?

 わざわざ専用のキーボードを考えてたのがバカらしくなるレベルであっさり解決してしまった。探していたものは実は家に転がっていましたという青い鳥的なオチ。

今後の課題

 結構色々考えて悩んだんだけどなぁ。世の中そんなもんか。問題があるとすれば、家用のキーボードがなくなってしまったので代わりのキーボードを調達しないといけないくらいかな。次も同じものってのも芸がないので別の何かを考えるか。