CygwinでVimを起動すると Warning: Output is not to a terminalというエラーが出て操作不能になる話

 この間からCygwin上でviを使おうとすると以下のようなエラーがでて操作できなくなってしまう問題が発生した。状況としてはvi自体は起動するのだけど、入力モードに固定されているっぽく、終了などを含む操作ができなくなってしまう。

$ vim
Vim: Warning: Output is not to a terminal
Vim: Warning: Input is not from a terminal

 以前は、うまく動いていた気がするし、特に設定を触った記憶もないのだけど、いつの間にか同じ症状が出てしまう。過去にも同じ問題が出てしまったときは、原因がよくわからなかったのでCygwin自体の再インストールで乗り切った。

 で、しばらく調子が良かったのだけど、再発。仕方ないのでもう少し調べてみる。と言ってもなんとなく以下でわかった感じ。

$ which vi
/usr/bin/vi

$ which vim
/cygdrive/c/Program Files/Git/usr/bin/vim

$ alias vi
alias vi='vim'

 要するに、viがvimエイリアスされていて、vimCygwin外のvimを使われていてと言う感じで変なことになっていたらしい。この辺いじった記憶はないのだけど、何かをインストールしたときにでも変わったのかも。

 そもそもCygwinのviはvimなので謎のaliasが不要。削除したらうまく動くようになった。 わかってみるとたいしたことないな。