今年のとうがらし栽培と冬に向けての構想

 そうえいば今年は種から育てていたとうがらし。そろそろ寒くなるけど、実ができるまでは行かなかったっぽい。暑さか育て方か。なんとなく植えた時期も遅かったしプランターへ移すタイミングも遅すぎた気がしないでもない。ほっとけば来年リベンジできるかなぁ。

 あと、冬が近くなると簡易温室みたいなものを作ったほうが良いような気がする。でも、今育てている一通りの植物入れると結構でかくなるし、熱源どうすっか問題があるのでいつも構想で終わってしまう。

 内心的には、骨組み+ビニール+ハッキンカイロで簡易的な温室ができるとは思ってるんだけど、どうなんだろう。でも、なんかハクキンカイロだとあんまり温度上がらない説あったりする。そりゃそうだ。

 そういう感じでつぶやいていたら「充電池式カイロという手もあるかもしれません。これなら充電切れまでは発熱しますし」って別口からアディアをもらった。あと、室内に置くならACで給電する何かってもの視野に入る。

 なるほど、室内に簡易温室的なものを使って、熱源をこういうものにするのはありかもしれない。室内ならよっぽどは寒くならなそうだし、こういうのでも十分暖かくなりそう。

 しかし、その前に部屋を片してスペースを開けないと…。