財布をマネークリップに買い替えた

 マネークリップ 出来るビジネスマンのための 薄くて軽いレザーマネークリップ メンズというのを買った。 2,000円なり。

 もともとは二つ折りの普通の財布を使っていたんだけど、妙に大きさが気になっていた。まぁ、大きさというか、ついつい小銭入れに小銭を溜め込んでしまって財布が膨らむということなんだけど。

 で、なにかいいものはないかなぁっと探しているところにこいつを発見。名称的にはマネークリップだけど、実際には小銭入れのない二つ折りの財布。

 カードも入るし、紙幣も入る。真ん中の留め金を使えばちょっとしたレシートなんかを挟んでおくこともできる。Amazonの参考画像では、お札の収納方法は二通りとか書いてあるけど、どう見てもお札は内側に収納したほうがいいだろって思う。

 収納容量はカードx6、ICカード対応ホルダーx1。あとは紙幣が何枚か。だけど、カードを入れすぎるとせっかく薄い作りの財布がえらい分厚くなってしまうので、今はICカード含めて3枚だけにしている。

 あまり気にしていなかったけど、自分の環境だとICカード側にSuica(定期)、反対側のカードホルダーにiDを入れると相互に干渉せずに使えるのは便利。いちいちカードを取り出して使うのが面倒くさかったんだけど、今では財布の裏表で使い分けできる。

 ちなみに、ここからあぶれた小銭入れと他のカードはどうなったかというと、他の利用頻度の低いカードは別のカード入れに入れてカバンに放り込んでいる。小銭は小銭入れ。と入っても通常だとほとんどSuicaかiDで払っているのであまり不便はない。

 現金で払うときも基本的には紙幣だけで払うようにしてお釣りは小銭入れに。今まではなるべくお釣りが出ないように財布から出していたけど面倒くさいのでさっと出せるとき以外は紙幣で払う。余った小銭は支払いが小銭だけで間に合うような買い物のときに優先して使うか、スーパーのセルフレジに突っ込んで減らしている。

 なんとなくお金の使い方自体も変わってしまった気がするけど、今のところはそれなりに便利に使っていますというお話でした。