汁なし担々麺 くにまつのKUNIMAXを作って食べる話

汁なし担々麺が好きで、お店ができるたびに通っていたのだけど、しばらく前によく言っていたお店がつぶれて食べる場所がなくなってしまった。 特に、くにまつというところのKUNIMAXというのが好きだったんだけどなぁ。

で、しばらくは汁なし担々麺難民になっていたのだけど、公式がレシピを公開していることが判明。作ってみた。 ※ レシピは「くにまつ レシピ」とかでググってほしい。店舗で配ってる?っぽい

公開されているのは普通の汁なし担々麺、自分が好きなのはKUNIMAX。なのでいくつか調整する。こいつはゴマ系が入っていないタイプなので「芝麻醤」は入れない。炸醤(ざーじゃん、甜麺醤で味をつけたひき肉炒め)は自分の好みだけど甜麺醤を少なめに、とか。

しかし、こうやって作ってみても麺がしっくりこない。普通の中華麺でなかったような気もするし、うどんや焼きそばの麺を入れても微妙。どうしたもんか。

っと思ってたんだけど、ふと気が付いた。 俺、汁なし担々麺が好きなんじゃなくて、麺を食べ終わった後にご飯を入れるのが好きやったんや。

っということで麺は始めから入れずにご飯に乗せる。さすがにこの分量の醤油ダレとかをそのままご飯にかけると死んじゃうので醤油ダレはあくまで味付けのみ、醤油ダレは切ってからご飯にオン、ラー油、花椒で味が付いたネギとひき肉をご飯に乗っける丼完成。ダイソーのレンジで温玉を作るグッズで作った温玉を乗っける。これは素晴らしい。かなり満足度が高い。

ところで、本物を食べなくなって久しいので、これがどのくらい本物っぽいのかよくわからなくなっている…。まぁ、おいしいからいいんかな、また今度、お店できないかな。