Wikimedia財団への寄付

募金ルールに従って今月15日分の募金をやっておく。毎月15日、一口1,000円なり。

とは言っても、実は先月の一口分とは別にもうやってしまっていたのです。今回はWikimedia財団。なんか毎回毎回ジミーから寄付してください的なメールくるからさ、前回は2019年9月くらいだったっぽい。

っていうか、前回Wikimedia財団に寄付したときと出だしが一緒やな。

Wikipmediaはお願いしてくるのも、寄付したあとにメールくれるのもいいんだけど、Wikipediaを見るときに寄附のお願いを外してくれてもいいと思うんよなぁ。おかげで寄付したのにまたしてくれって言われてしまう。ログインしてるんだから、せめてそちらと紐付けてほしかったり。

大雨の被害もあるし、コロナもだいぶ増えてきてどうしたもんかと思う日々ではありますが、毎月毎月で生きていければと思います。

ウィキペディアを支援するために今回 ¥ 1040 のご寄付をお寄せくださりありがとうございます。この場を借りて、より良い世界の実現に向けられたあなたの寛大さと並外れた意欲に感謝いたします。

私がウィキペディアを設立したのは20年前のことです。それ以来、私たちの愛すべき百科事典は、順調な時期と困難な時期を経て大きく成長し、今日、これまでになくその真の目的を果たしています。ウィキペディアは、無数の人々が学び、発見し、探求し、調べるために役立っています。

ウィキペディアは、どんな状況下にいる読者に対しても、彼らが知る権利を持つ知識を得るための機会を提供し続けています。

これもあなたのおかげです。私たち非営利団体は、あなたのご支援によって本来の目的に忠実でいることができます。ウィキペディアが世界で最も訪問者数の多いウェブサイトの一つになった今でも、あなたのご支援によって編集が行われ、新しい読者に記事が届けられています。

横に並んで一緒にキャンドルを吹き消す機会はないかもしれませんが、今年一年を通してウィキペディア20周年を祝うにあたり、あなたが私たちウィキメディア財団一人ひとりの心のなかにいることを忘れないでください。

いつもありがとうございます。

ジミー・ウェールズ ウィキペディア創設者